実体験やエピソード

モデルルームような素敵な家具が配置されてある部屋に惑わされてはいけない理由とは?

最近の賃貸探しで内覧に行くと、モデルルームのようにサンプル家具が配置されている場合があります。これはお部屋に住んだときのイメージを作ってもらうために設置しています。何もないお部屋よりも、家具が配置されてある方が入居後の生活イメージがしやすいからです。

コーディネイトされたお部屋だけに注目してしまい、周辺環境のチェックが甘かったために、お部屋選びを失敗したという方から貴重な意見を頂きました。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラから

お部屋のインテリア

部屋内のステキな家具に目を奪われず周辺環境のチェックを

賃貸で借りるときは、どうしても部屋の雰囲気で選ぶのが優先されるのではないかと思います。
モデルルームのようにインテリア雑誌から飛び出したようなお部屋のコーディネイトに、

「おぉ、この部屋に決めた」ということもありませんか?

でも、ちょっと待ってください。
私も最初の物件は、そんな感じで決めましたが、後に激しく後悔しました。

そこで暮らすと言うことは、部屋の中だけで過ごすのではなく、外へ出かけたり帰ってきたりすることも含めて「暮らし」なので、引越したあとは、部屋の中より周辺環境のことが重要になってきて、また、そのことで困ったことも発生しました。

最初の物件は、オシャレな雰囲気の部屋でしたが、周辺環境が最悪でした。1階というのも失敗でした。洗濯物を干すときに、目の前のアパートのオバチャんがいつも覗くので、それが嫌で夜中に洗濯物を干したりしていました。

また、人の駐車場に平気に自転車を置くような人もいて、トラブルに発展しました。
その後、不動産屋さんを呼んで問題は解決して注意してもらいました。

また、川のそばだったので、大雨のときが心配だったり、バス停まで遠くて苦労したり周辺にはスーパー、銀行がなく、わざわざ遠くまで用事をすませるのが辛かったりしたのです。

結局、新しい賃貸を探して引っ越しました。

物件を見に行ったら、特に周辺をよく見て、これから始まる暮らしを想像してみてください。
あなたを悩ます隣人と遭遇しないか、どんな人とすれ違うか、ちょっとエレベーターに乗ってみるとか。いろんな時間帯を見てください。夜中にヤンキーがたまって大声を出してないかとか。

よく確認してから決めるとあとが安心です。では、お部屋探しを頑張ってくださいね。

実際に住んだ後の生活をイメージしてみる

お部屋の内覧時には、空っぽのお部屋だということがほとんどです。そこに自分の家具を設置したらどんな感じになるんだろう、新しい家具を設置したらどのくらいのスペースを取られるのだろう、と具体的にイメージしてみることが大切です。

当然、お部屋の周りの周辺環境もチェックすべきです。これは、不動産営業マンと一緒じゃなくても確認できることですので、空いている時間を見つけてチェックしておきましょう。

そのお部屋の空間で生活するわけですが、周辺環境も合わせての住まい選びをすることがオススメです。

あらかじめ家具が設置してあるようなお部屋というのは、少し高めの高級賃貸やファミリー向けの大きめなお部屋のケースが多いです。その場合、置いてある家具をそのまま使うわけではないので、自分の生活に合わせた家具のイメージをすることがポイントです。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラへお寄せください。

 

関連記事

  1. お子さんがいる場合の賃貸探しは特に慎重にすべき理由とは
  2. 本当に安く引越したいなら仲介手数料はしっかり払った方がいい
  3. 複数の転勤のよって快適に住める部屋探しのポイントを学びました
  4. お部屋の見学時に持っていくと便利なアイテム|賃貸
  5. カップルでお部屋を探すときは情報共有が大事
  6. お部屋探しの時期において「夏」はどうなのか?
  7. 不動産業者の押し売りがないか不安という方に覚えておいてほしい言葉…
  8. 一人暮らしをして住んだお部屋の数は4件。更新のたびに引っ越してい…
脱サラ起業で失敗する人の共通点

注目記事

不動産会社勤務、30代で年収1000万

不動産会社で働くということを聞けば、 「高年収」というワードが連想されます。果たしてその実態は!…

おすすめ記事

古くからある地元の不動産屋さんでお部屋探しをした方が良いのか?

お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不…

賃貸探しの担当とうまく付き合っていくといい部屋が見つかりやすいその理由とは

お部屋探しをするとき、ついついインターネットで部屋を探してしまいがちです。もちろん、インターネットを…

重要なことを見落として部屋選びをガッカリしたものにしないために

新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…

お部屋探しの締めは賃料でバランスを調節すること

お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…

人それぞれお部屋探しにおける感性は違います。譲れない条件はどこですか?

人によって人それぞれお部屋探しにおける感性は違います。ほかの人からはどうでもいいことでも、自分にとっ…

騒音問題を回避するために、入居前にチェックしておくべき5つの項目

入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…

賃貸物件は賃料でその差が明確に分かれる

賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、高ければ高いだけの物件がほとんどです。安…

泥棒に入られて震えるほどの恐怖を体験しました

誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…

お部屋探しの時期において「夏」はどうなのか?

お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…

賃貸の家賃に消費税はかかるのか?

消費税が5%から8%になりました。一部メディアで「家賃と消費税」の関係でおかしい表現がありました…

PAGE TOP