実体験やエピソード

賃貸探しの担当とうまく付き合っていくといい部屋が見つかりやすいその理由とは

お部屋探しをするとき、ついついインターネットで部屋を探してしまいがちです。もちろん、インターネットを使って下調べするのは大切なことなのですが、実際に足を運んで不動産屋さんにいくとネット上では発見できなかったことが見えてくるときがあります。

今回は、実際に不動産屋さんに行ってお部屋探しをするためのポイントについて、アドバイスを頂きましたので参考にしてみてください。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラから

a0001_002693_m-compressed

 

お部屋探しは不動産屋さんに足を運んで物件を掘り起こすことが大事

賃貸物件でお得な物件を探すには、まず、どんな家に住みたいかという自分の明確な希望を持つことが大切です。

希望の家賃。希望の間取。駅からの距離などの希望の立地条件をきちんと明確にしておくということです。そして、これくらいまでなら妥協できるというそういう考えも自分の中でしっかりと持っておく必要があります。

それからがお部屋探しです。

ネットを駆使して情報を収集するだけではなく、実際に不動産屋さんを訪れてみることが大切です。ネットで、こういう家なら住んでもいいかもと思えるような物件が見つかったら、実際にその物件を扱っている不動産屋さんを尋ねてみると良いでしょう。

そしてその家について十分説明を聞いた後、少し悩むそぶりを見せてから、「これに似た物件はありませんか?」と一言質問してみることをお勧めします。すると、案外、ネットには出していない掘り出し物件を教えてくれることがあるのです。

その物件は、築年数が古い、駅から少し遠い、などという何かのマイナス要素があって、表には出されていない物件なのですが、案外自分が心に決めた希望条件の「ここまでなら妥協しても良い」と思える希望の範囲内かもしれないのです。

ちなみに、築年数が古くても、リフォームをきちんとしていたり、前に住んでいた人が綺麗に暮らしていると、案外住み易い物件だったりするものです。それで家賃が格段に安かったら、そういう物件に住んだ方が絶対にお得です。

そんな掘り出し物の物件がみつかったら、まずは内見してみて、住み心地を実際に見て確認することをお勧めします。

(40代男性Tさん)

実際に不動産屋にいって部屋探しを「手伝ってもらう」感覚でOK

賃貸探しをする際にネット上で簡単にいろいろな情報を得ることができるようになりました。そのため、最近ではネット上だけで全て済ませようとする人が多くなったのも事実です。しかしながら、実際に不動産屋さんに行ってお部屋探しをすることはとても大事です。

どうしても不動産屋さんに足を運んで部屋探しをお願いすると、「無理矢理決められそう」「断れなかったら嫌だな」と不安に感じる人も少なくありません。当然、賃貸屋で働く営業マンですので、申込みや契約が欲しいのは事実です。しかし、実際にお客さんが思っているほど営業マン側からしてみれば、気軽に来てほしいというのが本音です。

もし、気に入るような部屋がなかったら断ればいいですし、もっと他の部屋を見てみたいと伝えてもOKです。その部分に遠慮する必要はありません。

あなた一人で部屋を探すよりも、一緒に探してくれる人がもう一人増えた方がいいに決まっています。賃貸営業マンの扱い方としてはこのくらいで問題ありません。お客さん側の方が警戒心でガチガチになりながら来店されても、いい部屋を提案しづらいものです。

「一緒に部屋探しを手伝ってくれる知人がもう一人」という感覚でいいと思います。常識で考えてあり得ない条件を出されると困りますが、普通に知人感覚で話す方が良い部屋がでてきます。

なぜなら、いい部屋というのはその人独自の感覚や感性です。その部分が営業マンとの間で共有できているかどうかはとても重要なポイントだからです。

少しでもいい部屋を見つけたいならば、深く考えずに気軽に不動産屋に立ち寄ってみることですね。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラへお寄せください。

関連記事

  1. 気に入ったお部屋を探すには優先順位を決めてどんどん絞り込んでいく…
  2. 3月の賃貸選びで気を付ける3つの注意点
  3. 重要なことを見落として部屋選びをガッカリしたものにしないために
  4. お部屋の選び方のアドバイスは難しい
  5. お部屋探しのポイントまとめ6選
  6. 他の人が気にならない部分であっても、自分は絶対に譲れないこともあ…
  7. 泥棒に入られて震えるほどの恐怖を体験しました
  8. 賃貸物件は賃料でその差が明確に分かれる
脱サラ起業で失敗する人の共通点

注目記事

不動産会社勤務、30代で年収1000万

不動産会社で働くということを聞けば、 「高年収」というワードが連想されます。果たしてその実態は!…

おすすめ記事

賃貸物件は賃料でその差が明確に分かれる

賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、高ければ高いだけの物件がほとんどです。安…

賃貸探しの担当とうまく付き合っていくといい部屋が見つかりやすいその理由とは

お部屋探しをするとき、ついついインターネットで部屋を探してしまいがちです。もちろん、インターネットを…

女性の一人暮らしでは周辺環境が騒がしいほうが良いケースもあります

東京都内や大阪市など大きな都市に女性が一人で住むときには、周辺環境に注意することが必要です。一般的に…

泥棒に入られて震えるほどの恐怖を体験しました

誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…

シェアハウスってどうなの?|賃貸

たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。ルームシェアって実際どうなの?に関してです。今回の…

賃貸の家賃に消費税はかかるのか?

消費税が5%から8%になりました。一部メディアで「家賃と消費税」の関係でおかしい表現がありました…

子供を学校へ行かせるときのお部屋選びで失敗しました

お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。学生さんやその親御さ…

お部屋探しのポイントまとめ6選

お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…

騒音問題を回避するために、入居前にチェックしておくべき5つの項目

入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…

お部屋探しの時期において「夏」はどうなのか?

お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…

PAGE TOP