部屋を決めるときに優先すべき項目|賃貸

お部屋を決めるときに、個人的に譲らない方が良いと思う項目です。
重要な項目として4つを選びました。

不動産業従事者からの目線ですので、参考にできる部分はあると思います。

>>逆の「譲っても良い条件はコチラ」です。

234

「エリア」は優先すべき

駅から徒歩5分がベストです。
無ければ10分以内を探しましょう。

15分以上歩くと駅までの往復が大変になります。

夏は汗が半端ないですし、治安面も少し不安です。

どうしても対象のお部屋が無い場合には、
私であれば駅を1つ2つ変えることを選択するでしょう。

 

「日当たり」は優先すべき

方角より窓の多さや窓の大きさを見ると良いでしょう。

南向きでも窓が一つで小さいより、
違う方角出窓が複数あって大きい方が陽が良く射します。

独身一人暮らしの会社勤めで昼間はほとんどいないなら、
日当たりはそんなに気にすることもないかもしれません。

 

「風呂トイレ別(セパレートタイプ)」は優先すべき

これは最近の必須条件となっていると言っても良いくらいです。

関西地区では「風呂トイレ別」のことを「セパレート」と呼んでいたのですが、
今はもう呼ばないのかもしれません。

逆に、お風呂とトイレが同じなら賃料が安い場合が多いので、
気にならない人にとっても見れば相場より安く入居できます。

女性が好む傾向があるので、恋人がいる男性はこの条件の方が良いかもしれません。

 

「広さ」は優先すべき

間取りは1Rが良いとか、1Kが良いなど好き嫌いがあると思いますが、
広さはしっかりと明確に決めていた方が良いでしょう。

家具が入りきらないということもありますし・・・^^;
一人暮らしでオススメなのは25平米以上です。

逆に、30平米以上あると温度調節が難しくなります。

夏は冷房がききづらく、冬は暖房が行き届きません。

その分、強力なエアコンになっていることも多いですが、
電気代もその分かかることもあります。

自分に合ったサイズのお部屋にすることがオススメです。

 

>>逆の「譲っても良い条件はコチラ」です。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 家賃交渉、家賃を下げるポイント|賃貸

    少しでも賃料を下げたい、安い家賃で入居したいというのは誰しも思います。 そんな家賃を下げるためのポ…

おすすめ記事

  1. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
  2. 賃貸を探すとき、引越しをするとき、少しでも初期費用を抑えたいと思うのは誰しもが理解できるところです。…
  3. 入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…
  4. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  5. お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…
  6. 賃貸案内をしてくれる不動産営業マンは男性と女性のどちらが担当してくれるかわかりません。賃貸案内で働く…
  7. お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…
  8. お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不動産…
  9. お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。 学生さんやその親御さ…
  10. 少しでも賃料を下げたい、安い家賃で入居したいというのは誰しも思います。 そんな家賃を下げるためのポ…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る