不動産で失敗しない方法

賃貸探しと不動産経営で理想の部屋を探すコツをシェアします

不動産の探し方 不動産経営入門講座 不動産購入のポイント

不動産投資は空室リスクが少ない場所を選ぶ

投稿日:

不動産経営は、地価上昇を期待した売却益を狙ったり、
不動産を所有することで多額の節税になるというものではありません。

現在の不動産投資を所有する目的といえば、長期的・安定的に賃料収入を得ることです。
この長期的に安定した収入を得るために欠かせないことが「物件の立地」です。

賃貸需要の無い場所より賃貸需要のある立地の物件を選ぶことが重要です。

これまで私自身、多くの物件を販売してきました。
また、賃貸管理・賃貸案内を関わったうえでベストな立地は「東京23区内」です。

 

提示される利回りだけに惑わされてはいけない

全国にたくさん投資不動産の物件が存在します。
しかし、大前提として賃貸入居者がいて成り立つ事業です。

いくら利回り8%、いや10%と言われようとも、
賃貸入居者がいなければ完全に0です。

ローンを組んで購入する人が多いでしょうから、
空室リスクは致命的なリスクとなる可能性が非常に高いのです。

あなたが購入者として、業者を選ぶ場合にも
賃貸需要の少ない立地の物件を勧める業者であれば疑った方が良いでしょう。

当然ですが、東京23区内でも空室リスクはあります。
都内の人気エリアでも空室になることがあります。

逆に、空室ゼロという現象は無いと考えておいてよいでしょう。

 

ヒトカネモノが集まる場所は、断トツで東京23区

これらすべてを加味しても、日本において一番賃貸需要のある地域が東京です。
首都である限り、これは揺るぎないものでしょう。

大型の再開発も頻繁に行われ、少し前には東京スカイツリーも完成しました。
求人数・学生数・上場企業の本社数・・・どれをとっても東京は断トツです。

日本一空室リスクの少ない場所、それが東京23区なのです。

Copyright© 不動産で失敗しない方法 , 2018 All Rights Reserved.