不動産で失敗しない方法

賃貸探しと不動産経営で理想の部屋を探すコツをシェアします

賃貸(お部屋探し) 賃貸|お部屋探しの見学

お部屋の見学時に持っていくと便利なアイテム|賃貸

投稿日:

お部屋の見学に持っていくと便利なアイテムを紹介します。

 

デジカメ|賃貸アイテム

家に帰ってからでも再度部屋のイメージをすることもできますし、当日見学に来れなかった恋人や友人に見せることもできます。

カメラで画像に残しておくことで、同じ日に複数のお部屋を回ったときなどにも「どんな部屋だったっけ?」と混乱することがないでしょう。

また、設備の不具合を証拠として残しておくこともできます。

壁の傷や網戸の破れ、水回りの状況などを撮っておくことで、退去時に不正な費用を請求されることを防ぐことができます。(これは入居時でも構いませんので、撮影しておくようにしましょう)

入居時に撮影した場合は、あらかじめ不動産管理会社とその情報を共有しておくと、より安心です。

デジカメが無い人は、スマートフォンのカメラでも良いと思います。
その場合には、明るい時間に見に行く方がキレイに撮れます。

最近では、スマートフォンで撮影する人が多いですね。

 

所有家具のサイズをメモしたもの|賃貸アイテム

新しく購入するものは別として、転居先に持っていく家具があるならそのサイズを測ってメモしたものを持っていくと便利です。

冷蔵庫が置けない、洗濯機が設置できないとなると、後から買い直す必要が出て、予想以上の出費となる場合があります。

サイズを測っておくと、転居先に持っていくのか?処分するのか?
それらも、あらかじめ決めておくことができます。

 

メジャー|賃貸アイテム

上記の所有家具サイズのメモを参考に、部屋のサイズを測るのに利用します。
あとから再見学するより、ここでまとめて測っておくとスムーズです。

お部屋のサイズだけでなく、入口の大きさも測るようにしましょう。
せっかくの家具も、入口から入らないと意味ないですからね^^;

  • 部屋の家具の配置
  • キッチン周りのサイズ(冷蔵庫、レンジ、食器置場など)
  • 家具を入れるための入口サイズ
  • 収納スペースのサイズ

最低でもこれくらいを計測しておくと後で役に立ちます。

※100円ショップでも、5メートルくらいのメジャーが売られています。
前もって不動産の担当にお願いして、持ってきてもらっても良いです。
(ほどんどの営業マンが持っているアイテムです)

 

間取り図と筆記用具|賃貸アイテム

間取り図は不動産会社にもらえると思いますので、それにメモしていくための筆記用具を持参すると便利です。

不動産会社からもらう間取り図に関しては、部屋のタイプが異なったり、左右反転タイプになっていることもありますので、よく確認してください。

あと、多くの人が意外と忘れがちなのがコンセントの場所と数です。
これによって家具の配置なども変わってきますので重要です。

サイズを測った数字なども、どんどん記入していくようにしましょう。

 

補足アイテム

■身分証明書

気に入ったお部屋があった場合には、申し込みという流れになります。
そのときに必須となるのが身分証明書です。

あとから送ると二度手間になるだけでなく、申込み自体を受け付けてくれない場合もありますので、持っておくと良いでしょう。

 

■タオル(夏なら猛烈に推奨するアイテム)

お部屋の見学時には電気が落ちていることがほとんどです。
そのため、夏だと部屋の中が想像を超える暑さになっていることがあります。

窓をすぐに全開にしても、汗はすぐに止まりません。。。
夏場の見学は、タオルを持っていくことを強く推奨します。

 

これらのアイテムはデジカメを除いて、ほとんど100円ショップなどで揃いますので、引越し後のことを考えても、購入しておいても良いと思います。

 

Copyright© 不動産で失敗しない方法 , 2018 All Rights Reserved.