実体験やエピソード

女性のお部屋選びのポイントと男性のお部屋選びのポイントは全く異なります

一般的なお部屋選びの条件や希望など、Internetを参考にして決めている人も多いです。しかし、そればかりを鵜呑みにしてお部屋選びに失敗したという人もいます。

男性と女性ではお部屋選びのポイントが違います。今回はそんな女性のお部屋選びでの体験談を頂きましたので紹介します。参考にしてみてください。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラから

部屋

 

「お部屋の”外”を見てみましょう」

部屋探しのポイントは、部屋の「中」と「外」の両方から納得する物件を探すことだと思います。部屋の「中」は、自分がいかに暮らしやすいかを重視するべきだと思います。

私が初めて一人暮らしを始めたときは、ずぼらな性格でも家事ができるだけ快適にできるように、「洗濯機が室内に置けること」と「風呂・トイレが別であること」を自分の中で最低条件に設定しました。逆に、一人暮らしなのでコンロの数は一つで良い、など、妥協できるところは妥協し、家賃の予算を決めました。

また、「外」への条件というのは、私が引っ越しをしたときにはあまり意識できていませんでした。駅から徒歩10分圏内の場所で、徒歩距離にスーパーが有ればよい程度に思っていました。

しかし、一人暮らしをするにあたって、帰りが遅いときの「夜道」の環境が気になりました。大通りに面しておらず、比較的静かな場所なので、家でゆっくり過ごす分には良いですが、外出先から家へ帰るときに静かであったり、暗かったりすると、安全面で不安が残ります。

私の住んでいる通りは自動販売機がたくさんあり、それが街灯の代わりになっているのだと、入居したあとに気がつきました。

近くに保育園もあり、子どもたちも多く暮らしている地域柄なので、昼間は比較的安心して暮らしていますが、引っ越す際の物件選びは、自分の生活リズムや行動も考慮して行うべきだと思います。

間取りだけでは気づかない点も多いので、実際に部屋を見に行くときは、部屋の「中」だけでなく、「外」にも注視してみてください。

(20代女性 Hさん)

女性のお部屋選びのポイントは男性とは全く異なります

女性のお部屋選びにおいて、「治安」「駅までのアクセス(道のり)」「周辺環境」が見逃せません。これは男性に比べても優先度を上げることをおすすめします。

例えばあなたが独身の会社員で残業もある会社に勤めているとします。そこで帰宅が遅くなった時に、駅から自宅までの暗い夜道を一人で歩くのは怖いと感じるはずです。男性なら問題ないと感じたとしても、女性だと不安に感じることもあるでしょう。

東京都心で明るい街灯が並んでいる道なら多少安心できますが、都心でも少し離れると暗い道はたくさん存在します。

お部屋探しで車移動での内覧案内をされるときには、この道のりや周辺環境を見逃してしまうことが多いので気を付けてください。ある程度気に入るようなお部屋が見つかったら、生活の中で実際に帰宅しそうな夜の時間帯にその道を歩いてみるとか、周辺のお店の閉店時間をチェックしてみましょう。昼の街の姿では気づかなかったけど、夜はギラギラネオンが立ち並んでいる道だったということもありますので注意が必要です。

男性と女性ではお部屋探しのポイントは違います。ネット上の一般的なお部屋探しの条件や優先順位は参考程度に留めておいて、あなたなりの条件や優先順位をつけてお部屋探しをすると失敗することが減ります。ご参考までに。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラへお寄せください。

関連記事

  1. Googleマップを使ったお部屋探しとは?
  2. 部屋を決める場合の見学は何回がベスト?|賃貸
  3. お部屋探しの疑問があれば賃貸案内の担当者にぶつける
  4. より良い環境の住まいを見つけるために大切なことは?
  5. お部屋探しの時期において「夏」はどうなのか?
  6. お部屋探しのポイントまとめ6選
  7. 分相応のお部屋を選ばなかった結果・・・
  8. 複数の転勤のよって快適に住める部屋探しのポイントを学びました
脱サラ起業で失敗する人の共通点

注目記事

不動産会社勤務、30代で年収1000万

不動産会社で働くということを聞けば、 「高年収」というワードが連想されます。果たしてその実態は!…

おすすめ記事

重要なことを見落として部屋選びをガッカリしたものにしないために

新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…

女性の一人暮らしでは周辺環境が騒がしいほうが良いケースもあります

東京都内や大阪市など大きな都市に女性が一人で住むときには、周辺環境に注意することが必要です。一般的に…

お部屋探しの時期において「夏」はどうなのか?

お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…

泥棒に入られて震えるほどの恐怖を体験しました

誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…

シェアハウスってどうなの?|賃貸

たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。ルームシェアって実際どうなの?に関してです。今回の…

賃貸探しの担当とうまく付き合っていくといい部屋が見つかりやすいその理由とは

お部屋探しをするとき、ついついインターネットで部屋を探してしまいがちです。もちろん、インターネットを…

古くからある地元の不動産屋さんでお部屋探しをした方が良いのか?

お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不…

人それぞれお部屋探しにおける感性は違います。譲れない条件はどこですか?

人によって人それぞれお部屋探しにおける感性は違います。ほかの人からはどうでもいいことでも、自分にとっ…

Googleマップを使ったお部屋探しとは?

最近のお部屋探しではインターネットを活用することが当たり前のようになっています。パソコンやスマホから…

賃貸物件は賃料でその差が明確に分かれる

賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、高ければ高いだけの物件がほとんどです。安…

PAGE TOP