実体験やエピソード

賃貸でインターネットを使った下見の準備とチェック項目

お部屋探しの賃貸選びでは、人それぞれのチェック項目やお部屋の探し方があります。
効率の良いお部屋探しのアドバイスということでご意見を頂きました。

ネット検索

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラへお寄せください。

効率の良いお部屋探しのポイント

賃貸のお部屋探しをする時はインターネットをフルに活用します。

まず一つの賃貸会社のサイトを使い、
住みたい地域や電車沿線を絞って家賃の相場を見ます。
検索しているうちに、だいたいの値段がわかってきます。

ある程度場所を決めたら、その周辺の賃貸マンションの検索をスタートします。

気に入った物件があれば、賃貸会社に連絡し、
まだ部屋が残っていれば下見の予約です。

何件か気になる物件をリストアップし、伝えておけば、
同じ日にいくつか下見ができるのでおすすめです。

物件の下見当日には、必ず間取りをプリントアウトし、
メモをするためのペン、デジカメを持参することをおすすめします。
メジャーも一緒に持っていけば、細かい寸法のチェックができ便利です。

時間をかけて部屋を確認し、メモをたくさんすることです。
あわせて写真を撮っておくと、あとから他の物件と比べやすいのでおすすめです。

また、収納スペース、日当たり、水周り、エアコンの有無などは重要事項なので、
必ずチェックし、メモをして帰ってほしいです。
少しでも気になることは、当日現地へ案内してくれる方に質問をしましょう。

あとはマンション周辺のチェックも忘れずに。

建物の入り口、通路や周辺など清掃が行き届いているか、
周辺道路の交通量、騒音はどんな感じかなど、
部屋の中以外にも確認したいところは多いです。

マンション周辺のお店や病院など、
普段よく行くであろう場所を確認できればより良いと思います。

電車通学、通勤の方は駅からのルートを調べておけばいいですね。
余裕があれば歩いてみることをおすすめします。

部屋の決定に迷う時間を避けるためにも、気になる物件をリストアップし、
なるべく同じ日に下見を予約するといいと思います。

最後に、引越しは時間もお金もかかる大きなイベントなので、
自分が納得いくまで部屋探しをすることをおすすめします。

そして時間に余裕を持たすために、インターネットをフル活用し、
予習のような感じで、物件について下調べしましょう。

当日は写真をとり、たくさん間取りの用紙にメモをすることを忘れずに!

お部屋探しでインターネットはフル活用すべし

今回の人はパーフェクトに近いお部屋探しまでの流れだと言えます。

お部屋探しではインターネットをフルに活用することがポイントです。
図面を見て「これだ!」と思っていても、実際に見てみるとイメージと違うこともあります。

最近では、ほぼすべてのお部屋がインターネットで検索できます。

相場観や周辺環境をチェックするのはもちろんのこと、
希望のお部屋をピックアップして不動産屋さんに提出するとスムーズです。

インターネット上に掲載されているお部屋には、
すでに埋まっているものもありますので多めにピップアップすることがオススメです。

3件くらい見たいなら10件くらい。
5件くらい見たいなら15件くらいは候補を挙げておくと安心です。
内見希望件数の約3~4倍くらいの数があれば大丈夫でしょう。

内覧時にはデジカメがあれば問題ありませんが、スマホのカメラでも充分です。
人間の記憶なんてあてになりませんので、記録に残すことが重要です。

そうすれば、家に持ち帰った後でも比較検討しやすいですし、
頭に残ったイメージだけで左右されることがなくなります。

周辺地域は必ず見ること、移動手段が徒歩なら歩くこと。これは必須です。
もし、当日に時間が無いようなら、別の日にでも見にいきましょう。
既に住みたい地域が決まっているなら、前もって見ておくとスムーズですね。

 

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラへお寄せください。

 

関連記事

  1. 女性の一人暮らしでは周辺環境が騒がしいほうが良いケースもあります…
  2. 賃貸での入居審査で重視されるポイント
  3. 賃貸のリフォーム物件は意外と狙い目
  4. 一人暮らしに最適な街選び・お部屋選びのポイント|賃貸
  5. 重要なことを見落として部屋選びをガッカリしたものにしないために
  6. シェアハウスってどうなの?|賃貸
  7. 部屋を決めるときに優先すべき項目|賃貸
  8. お部屋探しのポイントまとめ6選
脱サラ起業で失敗する人の共通点

注目記事

不動産賃貸営業マンの平均年収はどのくらい?

不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…

おすすめ記事

人それぞれお部屋探しにおける感性は違います。譲れない条件はどこですか?

人によって人それぞれお部屋探しにおける感性は違います。ほかの人からはどうでもいいことでも、自分にとっ…

家賃交渉、家賃を下げるポイント|賃貸

少しでも賃料を下げたい、安い家賃で入居したいというのは誰しも思います。そんな家賃を下げるためのポ…

お部屋探しの締めは賃料でバランスを調節すること

お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…

お部屋探しのポイントまとめ6選

お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…

賃貸物件は賃料でその差が明確に分かれる

賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、高ければ高いだけの物件がほとんどです。安…

重要なことを見落として部屋選びをガッカリしたものにしないために

新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…

シェアハウスってどうなの?|賃貸

たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。ルームシェアって実際どうなの?に関してです。今回の…

古くからある地元の不動産屋さんでお部屋探しをした方が良いのか?

お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不…

賃貸探しの担当とうまく付き合っていくといい部屋が見つかりやすいその理由とは

お部屋探しをするとき、ついついインターネットで部屋を探してしまいがちです。もちろん、インターネットを…

騒音問題を回避するために、入居前にチェックしておくべき5つの項目

入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…

PAGE TOP