賃貸探しでは隣接したお部屋や周辺環境もチェック

お部屋探しの賃貸選びでは、希望の物件に隣接した建物のチェックも必要です。

隣がゴミ屋敷だったら、どんなに良い物件でも躊躇するのではないかと思います。
実際には見えない住環境の方が恐いので、不動産屋さんに確認するなどした方が良いでしょう。

物件の住人についても、どんな層の人が住んでいるのかも要チェックです。

例えば、ファミリー層の賃貸物件に単身で住む場合など、
お互いに生活スタイルが違って苦情の原因になったりする可能性があります。

室外機がうるさい、バイクがうるさい、夜中に大騒ぎ、
子どもの走り回る足音、夜中のシャワー、布団を叩く音、夜中の洗濯・掃除機など。

苦情の原因は数えきれません。被害者にも加害者にもなり得るのです。
騒音対策として壁や床は厚いに越したことはありません。

太鼓

防音設備が整ったマンションも人気です

最近では、防音設備の整ったお部屋を希望される方も多くなっています。
当然ですが賃料は相場より高くなります。

防音設備の整った賃貸探しをしたい場合は、音楽大学のあるエリアがオススメです。
音大が近くにある場所であれば、防音設備の整ったお部屋が多くあります。

費用を抑えたい人であれば、自分で防音設備を整えることも可能です。
ホームセンターやネットから資材を購入することも出来ます。
(ワンルームなら10万円くらいあれば一通り揃えることができます)

その場合、一回りお部屋が狭くなることは想定しておくべきです。
天井なども考えると設置はかなりの重労働になることも覚悟しておいてください。

ご自身で防音設備を整えたつもりでも、音が漏れている可能性もありますので、
可能であれば、はじめから防音設備の整った部屋を探す方が良いでしょう。

物件探しの段階で、これらの事を踏まえて検討してほしいと思います。

引越したら、最低でも両隣と上下のお宅にはご挨拶しておいた方が良いですね。
その際に、どんな方が住んでいるかも分かりますから。
快適な暮らしの為に、ご自身の重要項目を押さえて納得のいく部屋探しをしてください。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不動産会社勤務、30代で年収1000万

    不動産会社で働くということを聞けば、 「高年収」というワードが連想されます。 果たしてその実態は!…

おすすめ記事

  1. お部屋を決めるときに、個人的に譲らない方が良いと思う項目です。 重要な項目として4つを選びました。…
  2. お部屋探しをするとき、ついついインターネットで部屋を探してしまいがちです。もちろん、インターネットを…
  3. 東京都内や大阪市など大きな都市に女性が一人で住むときには、周辺環境に注意することが必要です。一般的に…
  4. お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…
  5. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  6. 新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…
  7. 最近の賃貸探しで内覧に行くと、モデルルームのようにサンプル家具が配置されている場合があります。これは…
  8. 最近のお部屋探しではインターネットを活用することが当たり前のようになっています。パソコンやスマホから…
  9. 入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…
  10. 賃貸の不動産営業で年収以上の給与を稼ぎ出すためには、どのくらいの頑張りが必要なのかを試算してみます。…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る