1DKと1LDKの違いとは?

1DKと1LDKという表記を見かけることがありますが、
この違いは何なのでしょうか。

LDKは、

L=リビング(居間)
D=ダイニング(食堂)
K=キッチン(台所)

という意味です。

DKは、ダイニング+キッチン
LDKは、リビングダイニング+キッチン
ということになります。

 

DKとLDKの違いに関しては明確な基準がないため、
あいまいな部分があります。

不動産業界内の目安としては、
8畳以上はLDKと表記することが多いです。
しかし、中には10畳でもDK表記されているものもあるのです。

形によって、広く感じたり狭く感じたりと様々ですので、
実際にお部屋を見て判断することがベストです。

このように表記に関してはバラバラになっているため、
お部屋探しの条件として「DKとLDK」は分けない方がオススメです。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 騒音問題を回避するために、入居前にチェックしておくべき5つの項目

    入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…

おすすめ記事

  1. 少しでも賃料を下げたい、安い家賃で入居したいというのは誰しも思います。 そんな家賃を下げるためのポ…
  2. 賃貸案内をしてくれる不動産営業マンは男性と女性のどちらが担当してくれるかわかりません。賃貸案内で働く…
  3. 単身での引越しやお部屋探しに比べて、結婚して家庭を持っている人はお部屋探しの条件が複雑なことが多いで…
  4. 最近の賃貸探しで内覧に行くと、モデルルームのようにサンプル家具が配置されている場合があります。これは…
  5. お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。 学生さんやその親御さ…
  6. 新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…
  7. 不動産会社で働くということを聞けば、 「高年収」というワードが連想されます。 果たしてその実態は!…
  8. お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…
  9. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
  10. 誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る