不動産で失敗しない方法

賃貸探しと不動産経営で理想の部屋を探すコツをシェアします

不動産&賃貸での疑問

礼金の役割|なぜ礼金は払うのか?

投稿日:

首都圏の賃貸では、契約するときに礼金が必要なお部屋があります。

なぜ返ってこないお金を払わなければならないのか、
これに疑問を感じる人も多いようです。この礼金の役割とは?

 

そもそもの意味としては、「大家さんに対するお礼のお金」です。

その起源は、戦後には住宅が不足していたという背景が有力です。
その中で住む場所を貸してくれるお礼として支払っていたようです。

今では、それが少し形を変え、礼金は大家さんが不動産会社に対して、
広告料として支払うお金としての役割が大きくなっています。

大家さんは、自分だけの力で部屋を借りる人を見つけるのは一苦労です。

そんな中、借りてくれる人を探してくれるだけでなく、
その部屋を継続して管理してくれる不動産会社に委託するのです。

入居者が決まると、大家さんは賃料1か月分を目安に広告料を支払います
そのお金を礼金で賄っていることがほとんどなのです。

つまり、礼金が0のお部屋の場合、
大家さんが自分の財布から支払っていくことになります。

 

最近では、礼金0という賃貸が増えてきました。
もしかしたら今後は少しずつ無くなっていくのかもしれませんね。

東京都内の賃貸傾向としては、一等地人気エリア新築築浅のお部屋。
これらには礼金が設定してあることが多いように思えます。

Copyright© 不動産で失敗しない方法 , 2018 All Rights Reserved.