不動産で失敗しない方法

賃貸探しと不動産経営で理想の部屋を探すコツをシェアします

不動産&賃貸での疑問

1DKと1LDKの違いとは?

投稿日:

1DKと1LDKという表記を見かけることがありますが、この違いは何なのでしょうか。

LDKは、

L=リビング(居間)
D=ダイニング(食堂)
K=キッチン(台所)

という意味です。

DKは、ダイニング+キッチン
LDKは、リビングダイニング+キッチン
ということになります。

 

DKとLDKの違いに関しては明確な基準がないため、あいまいな部分があります。

不動産業界内の目安としては、8畳以上はLDKと表記することが多いです。
しかし、中には10畳でもDK表記されているものもあるのです。

形によって、広く感じたり狭く感じたりと様々ですので、実際にお部屋を見て判断することがベストです。

このように表記に関してはバラバラになっているため、お部屋探しの条件として「DKとLDK」は分けない方がオススメです。

 

Copyright© 不動産で失敗しない方法 , 2018 All Rights Reserved.