不動産で失敗しない方法

賃貸探しと不動産経営で理想の部屋を探すコツをシェアします

賃貸|お部屋探しの準備 賃貸(お部屋探し)

賃貸のリフォーム物件は意外と狙い目

投稿日:

賃貸で部屋を探す時に、比較的築浅の物件を探している場合、家賃もかなり高い物件ばかりで、家賃が払えるか心配になることがあります。

古い物件なら比較的安い家賃で暮らせるのですが、築年数が古いのはどうしても嫌だというケースです。臭いが気になったり、害虫が出そうな気がして、いくら家賃が安くても無理だと感じる人もいます。

そんなとき、比較的古い築20年くらいのアパートをリフォームしたお部屋で、室内が新築同様にキレイ、それでいて家賃が安い場合があります。 

それを他の人から聞いて、次に引っ越す際にアパートを探す時は、リフォーム物件を狙おうとしている人もいるくらいです。リフォーム物件の場合、とてもきれいなうえに、家賃が安くてお勧めなお部屋が多いのも事実です。

 

実際にあるケースの部屋の話をすると、フローリングと壁紙とキッチンの丸ごとと扉やクローゼットが真新しいです。加えて、便器はそのままですがウォシュレットが追加されたようでした。

風呂や窓やベランダはリフォーム代金が高額になるためそのままの場合がありますが、そんなに違和感や嫌悪感を感じる人は少ないです。

広さもそこそこあったので、夫婦二人と幼子二人で2LDKで充分だということもあるのです。

 

何かの目的があって、家賃を節約してお金を貯めたいという人もいます。
そのため、どうしても家賃を安く抑えようと引っ越すことを考える人もいるのです。

リフォーム物件は、アパートの外観はそのままですが、中が新築同然なので家賃が比較的安く済みます。かなり、お得な物件で狙い目だと言えるでしょう。

外観は、たくさん友人が来るとか、どうしてもセレブに見られたいなどの願望があるならあまりお勧めは出来ませんが、肝心なの居住スペースが良ければいいと思うならぜひ検討してみると良いですね。

Copyright© 不動産で失敗しない方法 , 2018 All Rights Reserved.