一人暮らしのお部屋で人気のある間取りとして、1Rと1Kが多くあります。
このRとKの違いとは?

1R(ワンルーム)と1K(ワンケー)の違いは、キッチンの部分と居間の部分が、
扉で区切られているか、区切られていないかの違いだけです。

1R⇒扉が無い(扉で区切られていない)
1K⇒扉がある(扉で区切られている)

どちらも「1室のみ」という共通点がありますので、
1Rと1Kをまとめてワンルームと呼ぶことが多いようです。

1Rは、開放感があってお部屋が広く感じるというメリットがあり、
1Kは、料理時のにおいが部屋に入りづらいというメリットがあります。

一長一短で、どちらの間取りが良いということもなく、
自分の好みで選んでよいでしょう。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 不動産経営のメリット

    投資不動産にはメリットとデメリットが存在します。 そしてこれらは、その時代の経済情勢によって変化す…

おすすめ記事

  1. たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。 ルームシェアって実際どうなの?に関してです。 今…
  2. お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不動産…
  3. 新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…
  4. 賃貸の不動産営業で年収以上の給与を稼ぎ出すためには、どのくらいの頑張りが必要なのかを試算してみます。…
  5. 最近のお部屋探しではインターネットを活用することが当たり前のようになっています。パソコンやスマホから…
  6. 誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…
  7. 賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、 高ければ高いだけの物件がほとんどです。 …
  8. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  9. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
  10. 賃貸の部屋探しをする時は、できる限りユニットバスの部屋を避ける人もいます。 お風呂とトイレのス…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る