1Rと1Kの違いとは?

一人暮らしのお部屋で人気のある間取りとして、1Rと1Kが多くあります。
このRとKの違いとは?

1R(ワンルーム)と1K(ワンケー)の違いは、キッチンの部分と居間の部分が、
扉で区切られているか、区切られていないかの違いだけです。

1R⇒扉が無い(扉で区切られていない)
1K⇒扉がある(扉で区切られている)

どちらも「1室のみ」という共通点がありますので、
1Rと1Kをまとめてワンルームと呼ぶことが多いようです。

1Rは、開放感があってお部屋が広く感じるというメリットがあり、
1Kは、料理時のにおいが部屋に入りづらいというメリットがあります。

一長一短で、どちらの間取りが良いということもなく、
自分の好みで選んでよいでしょう。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 本当に安く引越したいなら仲介手数料はしっかり払った方がいい

    賃貸を探すとき、引越しをするとき、少しでも初期費用を抑えたいと思うのは誰しもが理解できるところです。…

おすすめ記事

  1. お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…
  2. 入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…
  3. たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。 ルームシェアって実際どうなの?に関してです。 今…
  4. 単身での引越しやお部屋探しに比べて、結婚して家庭を持っている人はお部屋探しの条件が複雑なことが多いで…
  5. 賃貸の部屋探しをする時は、できる限りユニットバスの部屋を避ける人もいます。 お風呂とトイレのス…
  6. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  7. 賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、 高ければ高いだけの物件がほとんどです。 …
  8. お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…
  9. 誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…
  10. 賃貸案内をしてくれる不動産営業マンは男性と女性のどちらが担当してくれるかわかりません。賃貸案内で働く…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る