競売物件|不動産用語

競売物件とは、債務の支払いができなくなった人の財産を裁判所が関与し、
入札によって売却される物件のことです。

その売却した代金を債務の返済に充てるという目的があります。

この入札に参加するためには、特別な資格は必要ありませんので、
誰でも購入することが可能です。

しかし、この競売物件の購入には初心者にはハードルが高いと言われており、
入札して購入する場合には気を付ける点がいくつもあります。

その一つとして、前所有者が滞納していた管理費修繕積立金の問題。

これも購入後にマンションの管理組合から請求されることになるので、
何も調べないまま購入して、後から高額な費用が発生することがあります。

ちなみに、公共料金の滞納は引き継ぐことはありません。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 泥棒に入られて震えるほどの恐怖を体験しました

    誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…

おすすめ記事

  1. 新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…
  2. 入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…
  3. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  4. 賃貸の不動産営業で年収以上の給与を稼ぎ出すためには、どのくらいの頑張りが必要なのかを試算してみます。…
  5. お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…
  6. 賃貸案内をしてくれる不動産営業マンは男性と女性のどちらが担当してくれるかわかりません。賃貸案内で働く…
  7. 最近のお部屋探しではインターネットを活用することが当たり前のようになっています。パソコンやスマホから…
  8. お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不動産…
  9. 人によって人それぞれお部屋探しにおける感性は違います。ほかの人からはどうでもいいことでも、自分にとっ…
  10. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る