賃貸の家賃に消費税はかかるのか?

消費税が5%から8%になりました。
一部メディアで「家賃と消費税」の関係でおかしい表現がありました。
実際のところはどうなのでしょうか?

 

まず、結論から。

いま住んでいる住居のほとんどが家賃に消費税はかかりません。

「ほとんど」というのは、消費税がかかるものもあるということです。
この消費税がかかるものの例として、

  • 駐車場利用料
  • バイク置場利用料
  • 駐輪場利用料
  • トランクルーム利用料
  • コンテナ利用料
  • 家具利用料(レンタル家具等)
  • 設備利用料
  • 保証付帯費

これらがあります。
(※一例ですので、必ず不動産会社に確認してください)

このように書くと、駐車場は違うんじゃないか?という声が上がりそうなので、
しっかりと明記したいと思います。駐車場と一括りで説明できないのです。

家賃と共益費は非課税扱いのため、消費税が上がっても関係ありません。

 

以下の法令をご覧ください。

[平成25年4月1日現在法令等]

 住宅の貸付けは、非課税とされます。

(1) 住宅の範囲

イ 住宅とは、人の居住の用に供する家屋又は家屋のうち人の居住の用に供する部分をいい、一戸建ての住宅のほか、マンション、アパート、社宅、寮、貸間等が含まれます。

ロ 通常住宅に付随して、又は住宅と一体となって貸付けられる次のようなものは「住宅の貸付け」に含まれます。

A 庭、塀、給排水施設等住宅の一部と認められるもの

B 家具、じゅうたん、照明設備、冷暖房設備等の住宅の付属設備で住宅と一体となって貸付けられるもの

(注) これらの設備を別の賃貸借の目的物として賃料を別に定めている場合は、課税されます。

ハ 駐車場等の施設については、次によります。

A 駐車場の貸付けは、次のいずれにも該当する場合、非課税となります。

a. 一戸当たり1台分以上の駐車スペースが確保されており、かつ、自動車の保有の有無にかかわらず割り当てられている等の場合

b. 家賃とは別に駐車場使用料等を収受していない場合

B プール、アスレチックなどの施設については、居住者のみが使用でき、家賃とは別に利用料等を収受していない場合、非課税となります。

ニ 店舗等併設住宅については、住宅部分のみが非課税とされますので、その家賃については住宅部分と店舗部分とを合理的に区分することとなります。

(2) 住宅の貸付けの範囲

イ その貸付けに係る契約において人の居住の用に供することが明らかにされているものに限ります。

ロ 次に該当する場合は住宅の貸付けから除かれます。

A 貸付期間が1月未満の場合

B 旅館業法第2条第1項に規定する旅館業に係る施設の貸付けに該当する場合

(注) 例えば、旅館、ホテル、貸別荘、リゾートマンション、ウイークリーマンション等は、その利用期間が1月以上となる場合であっても、非課税とはなりません。

(3) 対価たる家賃の範囲

イ 家賃には、月決め等の家賃のほか、敷金、保証金、一時金等のうち返還しない部分を含みます。

ロ 共同住宅における共用部分に係る費用(エレベーターの運行費用、廊下等の光熱費、集会所の維持費等)を入居者が応分に負担する、いわゆる共益費も家賃に含まれます。

(注) 共益費以外の専有部分の電気、ガス、水道等の利用料は、非課税とされる住宅の貸付けに該当しないことから、課税されます。

ハ 「まかない」などのサービスが伴う下宿、有料老人ホーム等の場合、まかないなどのサービス部分は課税となり、部屋代部分は非課税となります。

(4) 転貸する場合の取扱い
事業者が社宅として借り受ける場合であっても、契約において従業員等が居住の用に供することが明らかであれば非課税とされます。

(5) 用途変更の場合
住宅として貸し付けられた建物について、契約当事者間で住宅以外の用途に契約変更した場合には、契約変更後のその建物の貸付けは課税の対象となります。

(消法6、消法別表第1十三、消令16の2、消基通6-13-1~9)
※国税局HP

 

一部メディアでおかしな表現というのは、
「家賃に税込みって書いてあったような気がする・・・」と述べていました。
それに対して、否定も肯定もしていない状態でした。

それは、法人契約で事務所として契約しているのでは?と思うのです。
特に芸能人であれば、自宅兼事務所のような形で賃貸契約して、
それによって、経費算入している人もいるからです。

 

また、お部屋探しの契約時にかかる仲介手数料に関しては、
消費税を納める義務が業者にあるので消費税がかかります。

例えば、賃料の1ヶ月分+消費税(5%)だったとすると、
賃料の1ヶ月分+消費税(8%)を請求することがあるということです。

つまり、家をひっくるめてすべて消費税はかからないということはなく、
非課税のもの以外は業者が消費税を納めるため、影響してくるということです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不動産経営のメリット

    投資不動産にはメリットとデメリットが存在します。 そしてこれらは、その時代の経済情勢によって変化す…

おすすめ記事

  1. 最近のお部屋探しではインターネットを活用することが当たり前のようになっています。パソコンやスマホから…
  2. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  3. お部屋を決めるときに、個人的に譲らない方が良いと思う項目です。 重要な項目として4つを選びました。…
  4. お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…
  5. お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不動産…
  6. 新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…
  7. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  8. お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。 学生さんやその親御さ…
  9. 少しでも賃料を下げたい、安い家賃で入居したいというのは誰しも思います。 そんな家賃を下げるためのポ…
  10. 賃貸の不動産営業で年収以上の給与を稼ぎ出すためには、どのくらいの頑張りが必要なのかを試算してみます。…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る