不動産会社勤務、30代で年収1000万

不動産会社で働くということを聞けば、
「高年収」というワードが連想されます。

果たしてその実態は!?

不動産業界で年収1000万円は、事実可能です。

30代で年収1000万円に到達する人もいれば、
まれに20代でも年収1000万円を獲得する人もいます。

営業成績1位の営業マンは当然ですが、
2位・3位でも可能な数字です。

この不動産会社勤務、30代で年収1000万円というのは、
主に不動産売買に属している人になります。

賃貸だと少し厳しいでしょう。
一部上場企業の管理職なら賃貸でもあり得ます。
街中の賃貸ショップに勤めていて年収1000万というのは、
相当な頑張りが必要です。

営業職

上場企業以外の会社勤めで年収1000万円というのは、
なかなか他には無いと思います。
それが不動産業なら比較的簡単です。

勘違いしてはいけないのが、「比較的簡単」というのは、
仕事内容じゃなく年収1000万円という数字に関してです。

営業職ですので、努力や勉強は必要ですが、
他の業種に比べると「比較的到達しやすい」ということです。

 

個人に販売する商品としては非常に価格が大きいので、
簡単に購入してもらえるものではないです。

逆にその分、販売出来たらリターンも大きいという訳です。

給料面だけを見て不動産業に飛び込む人も多いですが、
実際に入社してみると業務の大変さに気づきます。

そして、挫折する人が多いのも事実です。

やりがいは充分にある仕事ですので、
営業好きな人種なら飛び込んでみたい業種の一つですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. モデルルームような素敵な家具が配置されてある部屋に惑わされてはいけない理由とは?

    最近の賃貸探しで内覧に行くと、モデルルームのようにサンプル家具が配置されている場合があります。これは…

おすすめ記事

  1. 新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…
  2. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
  3. 賃貸を探すとき、引越しをするとき、少しでも初期費用を抑えたいと思うのは誰しもが理解できるところです。…
  4. お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。 学生さんやその親御さ…
  5. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  6. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  7. お部屋を決めるときに、個人的に譲らない方が良いと思う項目です。 重要な項目として4つを選びました。…
  8. 賃貸の部屋探しをする時は、できる限りユニットバスの部屋を避ける人もいます。 お風呂とトイレのス…
  9. 入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…
  10. お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析