不動産で失敗しない方法

賃貸探しと不動産経営で理想の部屋を探すコツをシェアします

不動産経営のデメリット 初心者が注意すること 不動産経営入門講座

投資不動産におけるリスクの本質とは

投稿日:

不動産経営では、不動産を所有するメリットがある一方で、デメリットとなる「リスク」が発生します。

そのリスクにおける本質とは・・・

投資不動産だけに限らず、物事に対して新たに行動を起こすことにリスクが存在します。
その本質は、「知識がないこと」「理解できないこと」です。

不動産を購入するという行動が、どんな結果を生むのかわからない状態です。このような心理状況から恐怖が生まれ、行動することを阻害する場合があります。

不動産経営においても、不動産を所有することで起こりうるリスクに対する知識を得て、そのリスクがどのような影響を及ぼす可能性があるのかを理解しておくことが大切です。

 

当たり前のことですが、本質を理解できていない場合も多いのです

車で例に挙げると、「車は壊れることがある」ということを知っていれば、いざ、車が動かなくなったときにも落ち着いて対処できます。

それが、「車は壊れない」と思っていると、車が動かないときに慌ててしまうでしょう。「なんで動かなくなるんだ!ディーラーに騙された!」と勘違いするかもしれません。

当たり前の話をしていますが、不動産になると大前提を勘違いしている人も多いのです。

「空室になることがある」
⇒ローンを組んでいて賃料収入が無いと、支払いが増える月がある可能性も。

このようなことを頭に入れて、前もって準備しておくことで回避できるわけです。
車の例で噛み砕いて説明すると・・・

「車は壊れて動かなくなることがある」
⇒おもわぬ修理代がかかり、一時的な出費が増える可能性も。

 

万人に合わせた話だけでなく、専門家のアドバイスを聞くこと

一般的なリスクはこの場でもお話しすることは可能です。

しかしながら、所有する不動産の種類・場所・内容・運用方法によって、リスクの具体的内容や対応方法が異なるのです。

その人・その不動産に合わせたリスクの知識を得ることが大切です。

「このカーブでは下り坂になっているので、スピードを落とさないと曲がれない。」
「あの交差点では通学路なので、子供が飛び出してくる可能性がある」

このような具体的なことを、知識として入れておくことで、いざという時に対処できるように備えることです。

不動産投資で失敗する人はほぼコレをやってしまいます。業者を選ぶ際も、これらの経験や知識がある人を優先して選ぶようにしましょう。

Copyright© 不動産で失敗しない方法 , 2018 All Rights Reserved.