不動産経営では、不動産を所有するメリットがある一方で、
デメリットとなる「リスク」が発生します。

そのリスクにおける本質とは・・・

投資不動産だけに限らず、物事に対して新たに行動を起こすことにリスクが存在します。
その本質は、「知識がないこと」「理解できないこと」です。

不動産を購入するという行動が、どんな結果を生むのかわからない状態です。
このような心理状況から恐怖が生まれ、行動することを阻害する場合があります。

不動産経営においても、不動産を所有することで起こりうるリスクに対する知識を得て、
そのリスクがどのような影響を及ぼす可能性があるのかを理解しておくことが大切です。

244

当たり前のことですが、本質を理解できていない場合も多いのです

車で例に挙げると、「車は壊れることがある」ということを知っていれば、
いざ、車が動かなくなったときにも落ち着いて対処できます。

それが、「車は壊れない」と思っていると、車が動かないときに慌ててしまうでしょう。
「なんで動かなくなるんだ!ディーラーに騙された!」と勘違いするかもしれません。

当たり前の話をしていますが、不動産になると大前提を勘違いしている人も多いのです。

「空室になることがある」
⇒ローンを組んでいて賃料収入が無いと、支払いが増える月がある可能性も。

このようなことを頭に入れて、前もって準備しておくことで回避できるわけです。
車の例で噛み砕いて説明すると・・・

「車は壊れて動かなくなることがある」
⇒おもわぬ修理代がかかり、一時的な出費が増える可能性も。

 

万人に合わせた話だけでなく、専門家のアドバイスを聞くこと

一般的なリスクはこの場でもお話しすることは可能です。
しかしながら、所有する不動産の種類・場所・内容・運用方法によって、
リスクの具体的内容や対応方法が異なるのです。

その人・その不動産に合わせたリスクの知識を得ることが大切です。

「このカーブでは下り坂になっているので、スピードを落とさないと曲がれない。」
「あの交差点では通学路なので、子供が飛び出してくる可能性がある」

このような具体的なことを、知識として入れておくことで、
いざという時に対処できるように備えることです。

不動産投資で失敗する人はほぼコレをやってしまいます。
業者を選ぶ際も、これらの経験や知識がある人を優先して選ぶようにしましょう。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. お部屋探しの時期において「夏」はどうなのか?

    お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…

おすすめ記事

  1. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  2. 不動産会社で働くということを聞けば、 「高年収」というワードが連想されます。 果たしてその実態は!…
  3. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  4. 引越しで条件の合う部屋を見つけるためには、いくつか条件を絞る必要が出てきます。当初考えていた条件がす…
  5. お部屋を決めるときに、個人的に譲らない方が良いと思う項目です。 重要な項目として4つを選びました。…
  6. 入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…
  7. お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不動産…
  8. お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…
  9. 賃貸の不動産営業で年収以上の給与を稼ぎ出すためには、どのくらいの頑張りが必要なのかを試算してみます。…
  10. 少しでも賃料を下げたい、安い家賃で入居したいというのは誰しも思います。 そんな家賃を下げるためのポ…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る