不動産で失敗しない方法

賃貸探しと不動産経営で理想の部屋を探すコツをシェアします

不動産経営のメリット

不動産経営のメリット

投稿日:

投資不動産にはメリットとデメリットが存在します。
そしてこれらは、その時代の経済情勢によって変化することもあります。
ここでは、不動産投資の主なメリットを紹介します。

 

1.賃料収入という安定した収入を得ることができる

不動産経営の特徴として安定したある程度の収入が期待できるという点です。
毎月決まった家賃が振り込まれます。

サラリーマンのように毎月決まった金額を手にすることができることは毎月の収支計算もしやすくなります。

 

2.比較的少ない労力で管理できる

不動産経営は他の経営に比べて労力で管理できます。一昔前に比べて管理はラクになりました。

ご自身で物件を管理することも可能な半面、不動産会社に管理を任せることも可能です。時間や労力を必要以上に取られないことも大きなメリットの一つです。

 

3.高齢になっても継続できる

不動産経営はサラリーマンと違って定年退職というものがありません。
所持し続ける限りずっと続けていけるものです。

サラリーマンであれば、加齢とともに若いころのように比べて働き続けることは困難になっていくものです。年齢に関係なく所持し続けることが可能です。

 

4.レバレッジを利用して少ない資金で始めることができる

不動産経営は自分の資金以外で始めることのできる唯一の投資です。これは現物投資に関して金融機関が融資をしてくれるということです。

レバレッジとはテコの原理と同じ意味で、人のお金で自分の資産を形成することができます。借入金の金利よりも物件からの収入が上回ればレバレッジを活用できていると言えます。

 

5.設備投資(リフォーム)が価値につながる

飲食店の経営など設備投資にお金をかけても売り上げて回収していく方法が一般的です。その反面、不動産経営においては設備投資をすることでその物件の価値自体を上げていくことができます。

例えば飲食店でキッチンをリフォームすることでメニューの金額を上げることは難しいことです。しかし、不動産の部屋をリフォームすることで賃料の上昇に直結します。また売却時にも査定事項の一つとして見られるポイントです。

 

6.一人で始めることができる

一人で継続的な経営できることは大きなメリットです。自分ひとりでその方向性を決定させることができます。収益性や市場、金融情勢を考慮しながら決断できるのは経営者としての醍醐味でもあります。

Copyright© 不動産で失敗しない方法 , 2018 All Rights Reserved.