木造アパートタイプ VS 鉄筋マンションタイプ|不動産投資の比較

アパートとマンションは一長一短です。それには物件の場所を無視して考えることはできません。
ですので、ここではそのような背景を考えずに単純比較とします。
(木造アパート建築物と鉄骨鉄筋マンション建築物) 

 

アパート

アパートの大きなメリットと言えば表面利回りが良いということです。
これは建物部分の価格が安いからです。実際には木造の場合、保険料が高くなりますので、実際の利回りを見極めることが重要です。1棟購入であればリフォームや外部工事の周期を計画し、入居者サイクルによる実際の入居状況(履歴)など総合的に判断してからの方が良いでしょう。 

また、木造の建築物は耐用年数が20年です。おそよ築30年くらいから建替時期が近づいていきます。
築年数が古く建替時期が近づいている物件を所有するときに気を付けたいことは、アパートが建替えになれば立ち退き交渉をする必要が出てくるということでしょう。 

アパート経営は投資不動産の経験者が多い傾向です。
チェックするポイントや見極める項目が多いため、マンションからはじめて経験を積み、アパートに移っていけば安心でしょう。 

 

マンション

アパートに比べマンションは損害保険料が安く設定してあったり、流通性が高いため比較的初心者でも始めることが容易です。都心部であれば木造建築より鉄筋マンションの方が好まれるケースが多く、賃料が安定しているというメリットがあります。 

ただ、1部屋ごとの収益はアパートに比べてさほど多くありません。
マンションで失敗するケースの多くは、立地と賃料収入の見込み違いで起こります。需要のある立地で賃料設定がきちんとしているものを前提にして見極めていきましょう。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不動産経営のメリット

    投資不動産にはメリットとデメリットが存在します。 そしてこれらは、その時代の経済情勢によって変化す…

おすすめ記事

  1. 最近の賃貸探しで内覧に行くと、モデルルームのようにサンプル家具が配置されている場合があります。これは…
  2. 入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…
  3. 不動産会社で働くということを聞けば、 「高年収」というワードが連想されます。 果たしてその実態は!…
  4. 賃貸案内をしてくれる不動産営業マンは男性と女性のどちらが担当してくれるかわかりません。賃貸案内で働く…
  5. 引越しで条件の合う部屋を見つけるためには、いくつか条件を絞る必要が出てきます。当初考えていた条件がす…
  6. お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…
  7. お部屋を決めるときに、個人的に譲らない方が良いと思う項目です。 重要な項目として4つを選びました。…
  8. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  9. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  10. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る