不動産投資で購入物件する際に目安となる利回り

利回りは物件資料や物件情報サイトでも想定利回りとして表示されています。
この利回りを基準に物件を選ぶこともできます。

この利回りは物件の選別基準の一つとして有効ですが、
利回りが高ければ高いほど良いといったものではありません。

逆に考えるとリスクが高いものになります。
特に初心者は気を付けるようにしましょう。

知識や経験が豊かな投資家であればそれなりに対処することができますが、
初心者だと事故物件・再建築不可物件・借地権の問題などにぶつかった時に対応できない場合があります。

また、想定利回りと表示されているものの多くは満室時を想定しています。
実際の入居状況や実質利回りの計算などを行い、
目の前の数字に惑わされないように注意することが必要です。

 

ポイントとしては、以下の数字を目安に希望より少し低めに考えておくことです。

▼新築の利回り目安
4~5%

▼中古の利回り目安
8~10%

利回りの低い物件を狙って、相場調査やリフォームでの賃料アップや、
値引き交渉などによって利回りを上げるテクニックもあります。

あくまで利回りは一つの指標として参考にする程度にしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 不動産経営のメリット

    投資不動産にはメリットとデメリットが存在します。 そしてこれらは、その時代の経済情勢によって変化す…

おすすめ記事

  1. 引越しで条件の合う部屋を見つけるためには、いくつか条件を絞る必要が出てきます。当初考えていた条件がす…
  2. 賃貸を探すとき、引越しをするとき、少しでも初期費用を抑えたいと思うのは誰しもが理解できるところです。…
  3. 不動産会社で働くということを聞けば、 「高年収」というワードが連想されます。 果たしてその実態は!…
  4. 賃貸の不動産営業で年収以上の給与を稼ぎ出すためには、どのくらいの頑張りが必要なのかを試算してみます。…
  5. お部屋を決めるときに、個人的に譲らない方が良いと思う項目です。 重要な項目として4つを選びました。…
  6. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  7. 誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…
  8. 賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、 高ければ高いだけの物件がほとんどです。 …
  9. 賃貸案内をしてくれる不動産営業マンは男性と女性のどちらが担当してくれるかわかりません。賃貸案内で働く…
  10. 最近の賃貸探しで内覧に行くと、モデルルームのようにサンプル家具が配置されている場合があります。これは…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析