オーナーチェンジVS空室|不動産投資の比較

現在入居者がいる状態で売りに出されているオーナーチェンジ物件と、入居者がいない状態の空き物件があります。 

オーナーチェンジ物件は、購入したらすぐに家賃が入ってくるというメリットがある半面、入居者を選ぶことはできません。以前はオーナーチェンジ物件に人気が集中していましたが、最近では空室物件を自分の方向性に合わせてリフォームしてから、貸しに出す人が増えてきています。 

 

オーナーチェンジ物件でのメリットデメリットと特徴

購入後にすぐ家賃収入がある

賃料が入ってくるのがわかっていれば、収支計画が立てやすくなります。

家賃が安い設定のままの可能性がある

賃料が安いまま放置されていれば、周りの相場と見比べて賃料アップを狙うことができます。賃料相場を調べていないままで放置されていた物件は他の投資家が見落としがちなポイントです。

入居者が選べない

問題のある入居者が入っている可能性もあります。

物件の競争率が高い
すぐにリフォームできない

 

空室物件のメリットデメリットと特徴

すぐにリフォームできる
入居者を選べる
賃料改正がすぐにできる

周辺相場に比べて安ければ賃料アップして募集をかけることができます。反面、賃料相場より高いことが原因で入居者がいないのであれば賃料を見直す必要があります。

入居者が付くまで家賃が入ってこない

一番のデメリットです。リフォームしたとしてもいつ次の入居者が決まるかわかりません。不確定要素が大きくなります。 

 


 

空き物件をリフォームして賃貸に出すといった人が増えたとはいえ、購入前から賃料収入が期待できるオーナーチェンジ物件はまだまだ根強い人気があります。 

1棟購入であれば、ほとんどのケースがオーナーチェンジ物件になります。
空室物件を検討するなら、1部屋ごとの区分所有物件を狙っていくことになります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 騒音問題を回避するために、入居前にチェックしておくべき5つの項目

    入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…

おすすめ記事

  1. 最近の賃貸探しで内覧に行くと、モデルルームのようにサンプル家具が配置されている場合があります。これは…
  2. 入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…
  3. お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…
  4. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  5. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
  6. 東京都内や大阪市など大きな都市に女性が一人で住むときには、周辺環境に注意することが必要です。一般的に…
  7. 引越しで条件の合う部屋を見つけるためには、いくつか条件を絞る必要が出てきます。当初考えていた条件がす…
  8. お部屋を決めるときに、個人的に譲らない方が良いと思う項目です。 重要な項目として4つを選びました。…
  9. 最近のお部屋探しではインターネットを活用することが当たり前のようになっています。パソコンやスマホから…
  10. 新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析