管理組合|不動産用語

管理組合とは、区分所有者が全員で作った団体のことを言います。
これによって、統一した適正なマンション管理ができるようになります。

マンションで快適な生活を維持するために、建物と土地の管理が重要です。
共用部分の廊下や電球が切れると交換する必要があるのです。

これらの管理が疎かになってしまうと、マンション全体の資産価値が下がり、
所有者すべてに不利益となってしまう可能性があります。

この管理組合に入るために特別な条件や手続き等は無く、
区分所有者になれば同時に管理組合の一員となります。

反面、面倒くさいからと、拒否や脱退をすることもできません。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. お部屋探しの時期において「夏」はどうなのか?

    お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…

おすすめ記事

  1. たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。 ルームシェアって実際どうなの?に関してです。 今…
  2. 不動産会社で働くということを聞けば、 「高年収」というワードが連想されます。 果たしてその実態は!…
  3. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
  4. お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…
  5. 新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…
  6. お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…
  7. お部屋を決めるときに、個人的に譲らない方が良いと思う項目です。 重要な項目として4つを選びました。…
  8. 入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…
  9. 東京都内や大阪市など大きな都市に女性が一人で住むときには、周辺環境に注意することが必要です。一般的に…
  10. お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不動産…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る