賃貸(お部屋探し)

部屋を決める場合の見学は何回がベスト?|賃貸

お部屋を決める際に、1回しか見ない人と複数回見る人がいます。
何回行くのが良いのかということについてお話しします。

※お部屋を見る用語として、「内覧」「内見」「見学」などと言われますが、
ここではわかりやすく「見学」に統一して表現します。

069  

部屋の中を見るのは1回、多くて2回がベストです。
部屋の周辺を見るのは、2回がオススメです。 

中を見るというのは、1回の見学で決めても良いでしょう。
どうしても見たいという場合は2回でも良いと思います。

2回目に見学を依頼する目的で多いのは、お部屋サイズの再確認です。

気に入ったお部屋の場合、1回目でサイズは測っていると思いますが、
測り忘れた場合はもう一度見に行くのもアリです。

この場合、同じ不動産会社にした方が良いでしょう。
どうしても「同じ部屋を見に行きたい」というと嫌がられそうですが、
正直にサイズを測りたい旨を伝えると嫌がられません。

「えっ?この部屋に迷いが生じているのかな?」と勘違いさせないためにも、
ハッキリと理由を伝えて大丈夫です。

 

お部屋の周辺を見に行くのは2回がオススメです。

朝の通勤時間帯と、夜の帰宅時間をチェックしておくと良いでしょう。
特に女性であれば夜の帰宅時間帯の防犯面も気になるところです。

土日に見学に行く人が多いと思いますが、全く初めての土地の場合、
平日は予想以上に混み合う路線だったということもあります。

お部屋の中を見るわけでないのなら、一人でも行けますので、
周辺地域を把握する意味でも、いろいろ歩いてみることをオススメします。

できれば、エリアを決める準備段階で調べておきたいですね。

 

関連記事

  1. 騒音問題を回避するために、入居前にチェックしておくべき5つの項目…
  2. 入居後のトラブルがあったときにはどうしたら良いか?
  3. 部屋を決めるときに優先すべき項目|賃貸
  4. 女性の一人暮らしでは周辺環境が騒がしいほうが良いケースもあります…
  5. 家賃交渉、家賃を下げるポイント|賃貸
  6. 賃貸物件は賃料でその差が明確に分かれる
  7. お部屋探しの理想を高めに設定しすぎて選べるお部屋が無くなったら
  8. 賃貸選びでは自分がその部屋で住むことをイメージするとチェックポイ…
脱サラ起業で失敗する人の共通点

注目記事

不動産賃貸営業マンの平均年収はどのくらい?

不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…

おすすめ記事

騒音問題を回避するために、入居前にチェックしておくべき5つの項目

入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…

女性の一人暮らしでは周辺環境が騒がしいほうが良いケースもあります

東京都内や大阪市など大きな都市に女性が一人で住むときには、周辺環境に注意することが必要です。一般的に…

家賃交渉、家賃を下げるポイント|賃貸

少しでも賃料を下げたい、安い家賃で入居したいというのは誰しも思います。そんな家賃を下げるためのポ…

子供を学校へ行かせるときのお部屋選びで失敗しました

お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。学生さんやその親御さ…

重要なことを見落として部屋選びをガッカリしたものにしないために

新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…

賃貸探しの担当とうまく付き合っていくといい部屋が見つかりやすいその理由とは

お部屋探しをするとき、ついついインターネットで部屋を探してしまいがちです。もちろん、インターネットを…

賃貸の家賃に消費税はかかるのか?

消費税が5%から8%になりました。一部メディアで「家賃と消費税」の関係でおかしい表現がありました…

シェアハウスってどうなの?|賃貸

たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。ルームシェアって実際どうなの?に関してです。今回の…

Googleマップを使ったお部屋探しとは?

最近のお部屋探しではインターネットを活用することが当たり前のようになっています。パソコンやスマホから…

本当に安く引越したいなら仲介手数料はしっかり払った方がいい

賃貸を探すとき、引越しをするとき、少しでも初期費用を抑えたいと思うのは誰しもが理解できるところです。…

PAGE TOP