ロフト付きのお部屋を選ぶときの注意点|賃貸

ロフトとは、屋根裏部屋的なスペースで、
一人暮らし用のお部屋では主に寝室として利用する人が多いです。

そのロフト付きのお部屋を選ぶときに注意したい点があります。

031

ロフト付きの部屋は、記載されている部屋の広さに注意

ロフト部分は前提として、建築面積に含まない空間というものです。
そのため、図面にはロフト部分の面積は別表記されています。

・・・されているはずです。

それが、このロフト部分をお部屋全体の面積に含んで、
表記している場合もあり、実際にお部屋を見たら狭かったというケースがあります。

ロフト付きのお部屋で表記されている面積は、
ロフト部分を含んでいるか、含んでいないかを確認するようにしましょう。

 

ロフトの階段部分は要チェック

ロフトに上がるものとしてはほとんどが階段タイプです。
もしくは、はしごになっているものも見かけます。

ぐらつき・耐久性・降りるときの状態
これらは必ずチェックしたい項目です。

はしごタイプだとぐらつきは無いかということは大切です。
耐久性に関しては難しいところなので、体感してみましょう。

特に大きめの地震で揺れがあったときに、不安定なはしごだと
外れてしまって降りることができないということにもなりかねません。

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 本当に安く引越したいなら仲介手数料はしっかり払った方がいい

    賃貸を探すとき、引越しをするとき、少しでも初期費用を抑えたいと思うのは誰しもが理解できるところです。…

おすすめ記事

  1. 賃貸案内をしてくれる不動産営業マンは男性と女性のどちらが担当してくれるかわかりません。賃貸案内で働く…
  2. 単身での引越しやお部屋探しに比べて、結婚して家庭を持っている人はお部屋探しの条件が複雑なことが多いで…
  3. 新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…
  4. 不動産会社で働くということを聞けば、 「高年収」というワードが連想されます。 果たしてその実態は!…
  5. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  6. お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。 学生さんやその親御さ…
  7. たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。 ルームシェアって実際どうなの?に関してです。 今…
  8. 人によって人それぞれお部屋探しにおける感性は違います。ほかの人からはどうでもいいことでも、自分にとっ…
  9. 入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…
  10. 賃貸の不動産営業で年収以上の給与を稼ぎ出すためには、どのくらいの頑張りが必要なのかを試算してみます。…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る