不動産で失敗しない方法

賃貸探しと不動産経営で理想の部屋を探すコツをシェアします

賃貸|お部屋探しの準備 賃貸(お部屋探し)

部屋を決めるときに譲っても良い項目|賃貸

投稿日:

お部屋を決めるときに、個人的に譲っても良いと思う項目です。
重要な項目として2つを選びました。

条件がたくさんある中で、条件譲歩の項目として迷っているなら、参考にしてみると良いかと思います。

>>優先すべき項目に関してはコチラです。

 

「賃料」は譲っても良い

少しでも安く住みたいという気持ちは誰にでもあると思います。
そこでほんの数千円の違いで、選択できるお部屋が増えます。

仮に8万円以内の条件だとして、
駅から15分のお部屋が80000円。

一方、
駅から5分のお部屋が82000円。

これでも往復20分の違いが出ます。
20分×30日=600分(10時間)

賃料が2000円違うだけで、毎月10時間の時間が確保できます。

あなたなら、どちらを選びますか?

安く住めるにこしたことは無いのですが、
総合的に考えて自分に都合の良い選択をすることがオススメです。 

 

「階層」は譲っても良い

階層というか、セキュリティ面で階層を気にする人が多いです。
女性だと2階以上が良い」とも言われることがあります。

防犯面で考えると、2階でも3階でも泥棒は入ってくるときは入ってきます。
変質者や泥棒対策で重要なのは、目を付けられないことが大切です。 

しかし、防犯面が心配な人も多いでしょう。

その場合は1階か2階かというより、近隣環境を重視してください。

住もうとしている地域の治安状況や、
マンション周りの街灯障害物の有無などです。

2階でも隣のマンションから簡単に飛び移れることもある反面、
1階のお部屋でもしっかりとプライバシーが守られていることもあります。

>>優先すべき項目に関してはコチラです。

Copyright© 不動産で失敗しない方法 , 2018 All Rights Reserved.