カテゴリー:賃貸|お部屋探しの見学

  • 一人暮らしをして住んだお部屋の数は4件。更新のたびに引っ越しています

    東京都内ではほとんどのお部屋が2年ごとに契約の更新となります。そのたびに更新料がかかります。そのため、更新時期に更新せず別の部屋に引っ越すという選択をする人も多いのです。今回は更新のたびに引っ越しているという経験豊富な読…
  • 複数の転勤のよって快適に住める部屋探しのポイントを学びました

    会社勤めをしていると4月9月に転勤や転属によって引越しをせざるを得ないことがあります。何回も引越しをしていると、だんだんと慣れてくるもので、自分なりのお部屋探しのポイントが理解できるようになります。今回は、転勤を重ねたこ…
  • 女性の私が必ず守っているお部屋選びの重要な心構え

    賃貸案内をしてくれる不動産営業マンは男性と女性のどちらが担当してくれるかわかりません。賃貸案内で働く女性も増えていますが、まだまだ男性が多いというもの事実です。性別が異なっていても、男性目線でのお部屋選び、女性目線でのお…
  • お部屋探しの締めは賃料でバランスを調節すること

    お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を見上げるとキリがないものです。限られた予算の中からできるだけ理想の条件に近づけていくことが大切ですので、賃料で無理をしす…
  • お部屋探しの疑問があれば賃貸案内の担当者にぶつける

    お部屋探しの良し悪しという結果は、賃貸不動産を案内してくれる担当者によって異なるときがあります。お部屋を内覧しているときに疑問があればどんどん投げかけるべきですし、逆に担当者から自分が思い浮かばなかった疑問を投げかけてく…

おすすめ記事

  1. 賃貸のお部屋探しをする際に、警戒心マックスで来店される方がいます。なにかしらの感情を持っているのでし…
  2. 賃貸案内をしてくれる不動産営業マンは男性と女性のどちらが担当してくれるかわかりません。賃貸案内で働く…
  3. 賃貸の部屋探しをする時は、できる限りユニットバスの部屋を避ける人もいます。 お風呂とトイレのス…
  4. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
  5. 少しでも賃料を下げたい、安い家賃で入居したいというのは誰しも思います。 そんな家賃を下げるためのポ…
  6. お部屋探しをするとき、ついついインターネットで部屋を探してしまいがちです。もちろん、インターネットを…
  7. 不動産会社で働くということを聞けば、 「高年収」というワードが連想されます。 果たしてその実態は!…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る