不動産営業

不動産会社勤務、30代で年収1000万

不動産会社で働くということを聞けば、
「高年収」というワードが連想されます。

果たしてその実態は!?

不動産業界で年収1000万円は、事実可能です。

30代で年収1000万円に到達する人もいれば、
まれに20代でも年収1000万円を獲得する人もいます。

営業成績1位の営業マンは当然ですが、
2位・3位でも可能な数字です。

この不動産会社勤務、30代で年収1000万円というのは、
主に不動産売買に属している人になります。

賃貸だと少し厳しいでしょう。
一部上場企業の管理職なら賃貸でもあり得ます。
街中の賃貸ショップに勤めていて年収1000万というのは、
相当な頑張りが必要です。

営業職

上場企業以外の会社勤めで年収1000万円というのは、
なかなか他には無いと思います。
それが不動産業なら比較的簡単です。

勘違いしてはいけないのが、「比較的簡単」というのは、
仕事内容じゃなく年収1000万円という数字に関してです。

営業職ですので、努力や勉強は必要ですが、
他の業種に比べると「比較的到達しやすい」ということです。

 

個人に販売する商品としては非常に価格が大きいので、
簡単に購入してもらえるものではないです。

逆にその分、販売出来たらリターンも大きいという訳です。

給料面だけを見て不動産業に飛び込む人も多いですが、
実際に入社してみると業務の大変さに気づきます。

そして、挫折する人が多いのも事実です。

やりがいは充分にある仕事ですので、
営業好きな人種なら飛び込んでみたい業種の一つですね。

 

関連記事

  1. 不動産賃貸営業マンの平均年収はどのくらい?
  2. 不動産賃貸営業で平均年収を超えた年収1000万円を稼ぎ出すために…
脱サラ起業で失敗する人の共通点

注目記事

不動産賃貸営業マンの平均年収はどのくらい?

不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…

おすすめ記事

古くからある地元の不動産屋さんでお部屋探しをした方が良いのか?

お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不…

本当に安く引越したいなら仲介手数料はしっかり払った方がいい

賃貸を探すとき、引越しをするとき、少しでも初期費用を抑えたいと思うのは誰しもが理解できるところです。…

重要なことを見落として部屋選びをガッカリしたものにしないために

新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…

泥棒に入られて震えるほどの恐怖を体験しました

誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…

人それぞれお部屋探しにおける感性は違います。譲れない条件はどこですか?

人によって人それぞれお部屋探しにおける感性は違います。ほかの人からはどうでもいいことでも、自分にとっ…

お部屋探しのポイントまとめ6選

お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…

お部屋探しの時期において「夏」はどうなのか?

お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…

騒音問題を回避するために、入居前にチェックしておくべき5つの項目

入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…

シェアハウスってどうなの?|賃貸

たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。ルームシェアって実際どうなの?に関してです。今回の…

賃貸の家賃に消費税はかかるのか?

消費税が5%から8%になりました。一部メディアで「家賃と消費税」の関係でおかしい表現がありました…

PAGE TOP