複数の転勤のよって快適に住める部屋探しのポイントを学びました

会社勤めをしていると4月9月に転勤や転属によって引越しをせざるを得ないことがあります。何回も引越しをしていると、だんだんと慣れてくるもので、自分なりのお部屋探しのポイントが理解できるようになります。

今回は、転勤を重ねたことによってお部屋選びのコツを学んだ方からご意見を頂きましたので参考にしてみてください。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラから

ツインベッド

複数の転勤によって学んだお部屋探しのチェックポイント

転勤が多いので、毎回部屋探しには、いろんな注意を払っています。

まずは、物件を探すとき、プロパンガスなのか、都市ガスなのかをチェックします。プロパンガスは、都市ガスより光熱費がかかるので、なるべく都市ガスの物件がいいのですが、地域によっては、プロパンガスが多いし、今使っているガスコンロがプロパンガス用なので、もし都市ガスの物件だったら買い換えないといけないので、部屋を探すときにチェックします。

収納の多さや、広さも重要です。古い物件だと、収納が狭かったり、二段に分かれていたりして、思ったより収納できる量が少ないので、ウォークインクローゼットの物件を探すようにしています。ウォークインクローゼットは、自分の好きな収納方法で収納できるので、部屋を広く使うこともできて、気に入っています。

日当たりも気にします。ベランダが南向きだと、洗濯物がよく乾くし、日が部屋によく入るので、明るい部屋を選ぶようにしています。ベランダも、できれば広いほうが、ちょっとしたものを置くことができるので、ベランダが広い物件は魅力的です。

防犯の意味もあり、2階以上に住むようにしています。最近は、1階の窓にシャッターがついた物件もありますが、2階のほうが安心して住めるので、2階以上にある物件を探しています。

家賃は安いほうがいいのですが、あまりにも安すぎると、交通の便や、買い物の便が悪くなってしまうので、生活の便がいい部屋を探しています。

部屋探しに時間や手間がかかることもありますが、新しい毎日の生活を楽しむために、じっくり時間をかけて部屋を選んでいます。

(40代男性)

自分なりのポイントを掴む

お部屋選びの条件というのは、複数の引越しによって「自分なりの条件」というのがわかってきます。コツという表現でもいいかもしれません。

このポイントを重視したい、この部分だけは譲れない、こういう部屋だけはストレスが溜まってしまう・・・、など生活していく中で感じたことが独自の条件となっていきます。

初めてのお部屋選びの場合だと、自分では気づかないこともあるので、まずは他の人の意見を参考に条件を選定してみることをしてみましょう。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラへお寄せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 重要なことを見落として部屋選びをガッカリしたものにしないために

    新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…

おすすめ記事

  1. 賃貸を探すとき、引越しをするとき、少しでも初期費用を抑えたいと思うのは誰しもが理解できるところです。…
  2. 賃貸案内をしてくれる不動産営業マンは男性と女性のどちらが担当してくれるかわかりません。賃貸案内で働く…
  3. お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。 学生さんやその親御さ…
  4. 賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、 高ければ高いだけの物件がほとんどです。 …
  5. 最近のお部屋探しではインターネットを活用することが当たり前のようになっています。パソコンやスマホから…
  6. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  7. 賃貸の部屋探しをする時は、できる限りユニットバスの部屋を避ける人もいます。 お風呂とトイレのス…
  8. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  9. 東京都内や大阪市など大きな都市に女性が一人で住むときには、周辺環境に注意することが必要です。一般的に…
  10. 賃貸の不動産営業で年収以上の給与を稼ぎ出すためには、どのくらいの頑張りが必要なのかを試算してみます。…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析