本当に安く引越したいなら仲介手数料はしっかり払った方がいい

賃貸を探すとき、引越しをするとき、少しでも初期費用を抑えたいと思うのは誰しもが理解できるところです。初期費用には敷金礼金や仲介手数料など様々な費用が発生します。

今回、安く入居するための方法としてご意見を頂いたのですが・・・、一番やってはいけない間違った例です。この方法に期待しすぎていると痛い目を見るかもしれません。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラから

駅 

少しでも引越し安くしたい方へのアドバイス

▼頂いたご意見 ここから▼

インターネットなどの総合的な賃貸情報が掲載されているサイト(ホームズやスーモなど)を見ると同じ物件でも多数掲載されていることがあります。特に新築物件は同じ物件が多数出てくると思います。これは不動産会社ごとに掲載されているのでその物件を取り扱っている不動産会社が多ければ多い程同じ物件が何回も出てくるのです。

でも、不動産会社を通して賃貸契約をすると不動産会社に支払う仲介手数料が発生してしまいます。仲介手数料は家賃の半月分程度から一ヶ月分ですがこの仲介手数料ほどもったいないものはありません。更に私はこの仲介手数料が引越しにおいて1番節約出来る部分だと思っています。

要は気に入った物件は不動産会社を通して契約するのではなく、その建物の管理会社と直接契約するのです。色んな物件を見てみたい方は一度不動産会社を訪問して物件を紹介してもらえばいいと思います。見に行った中で決めた物件があるのであればその建物の管理会社を調べて直接問い合わせてみたり、もしくは管理会社が物件を紹介しているホームページから申し込んでみればいいと思います。管理会社と直接契約すれば仲介手数料は基本的に発生しないところが多いです。

初めから管理会社で探してしまうといい物件を見逃す恐れもあるのでまずは不動産会社を頼って物件を案内してもらい、気に入ったら管理会社を探して直接契約するという方法が一番良い物件を見つけることができ、安く抑えることが出来る手だと思います。

▲頂いたご意見 ここまで▲

管理会社であっても仲介手数料が取られることもある

管理会社との直接契約であっても、仲介手数料を取られることがあります。地域によっても多少異なりますが、東京都内の管理会社では仲介手数料が同じように取られることがほとんどです。

つまり、上記の安く契約するという話は一切期待しない方がいいです。

管理会社といっても、不動産会社として営業活動をしている会社がほとんどです。

ケース1. 管理会社=個人が管理している。管理専門の会社。
ケース2. 管理会社=不動産会社

ケース1の場合は、仲介手数料なしで契約できることがあります。ケース2の場合は街中の不動産会社と同じように仲介手数料が発生することがほとんどです。

なぜかというと、ケース2の場合はその部屋の大家さん(オーナー)と入居者からの両方から手数料がもらえるからです。そのため、仲介手数料を無しにできる場合があるのです。

 

管理会社でも仲介手数料を取るのには理由があります。

▼理由1.利益が大きくなるから

これは、前出の通り、両方から手数料がもらえることで利益が大きくなるからです。
会社運営している以上、利益を追求することは当然だと思います。

▼理由2.他の不動産会社と平等にするため

寄せられたご意見のように、不動産会社を通じずそのまま管理会社とばかり契約されてしまうと、街中にある不動産会社の運営が危うくなります。案内だけして契約はしないとなると、赤字となるのは当たり前です。

「そこの管理会社に直接行けば安くなる」という事実があれば、その管理会社の管理する部屋を紹介しようとする不動産会社が減ってくるわけです。そうなると、空室だらけの部屋を抱えるようになってしまいます。

 

目の前の契約が欲しくて、たった数万円の仲介手数料をもらわないということは、それ以上の損失を抱える可能性が高いということです。そのため、管理会社であっても普通の不動産会社と同様に、仲介手数料が発生することがほとんどだということです。

少しでも安く入居したい気持ちは理解できますが、不動産屋さんは仲介手数料がすべてです。良いお部屋に住みたい場合は、違う部分で安くする努力をした方が賢明でしょう。

仲介手数料は気持ちよく払って、営業さんにその他の交渉(賃料・他初期費用・条件等)をしてもらう方がオススメです。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラへお寄せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 泥棒に入られて震えるほどの恐怖を体験しました

    誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…

おすすめ記事

  1. お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。 学生さんやその親御さ…
  2. 賃貸の部屋探しをする時は、できる限りユニットバスの部屋を避ける人もいます。 お風呂とトイレのス…
  3. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  4. お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…
  5. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  6. お部屋を決めるときに、個人的に譲らない方が良いと思う項目です。 重要な項目として4つを選びました。…
  7. 少しでも賃料を下げたい、安い家賃で入居したいというのは誰しも思います。 そんな家賃を下げるためのポ…
  8. たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。 ルームシェアって実際どうなの?に関してです。 今…
  9. 入居後に発生するトラブルはできるだけ避けたいものです。その中でも、入居後にダントツに多いトラブルは騒…
  10. 賃貸を探すとき、引越しをするとき、少しでも初期費用を抑えたいと思うのは誰しもが理解できるところです。…
WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析