古くからある地元の不動産屋さんでお部屋探しをした方が良いのか?

お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。
これには不動産業界のネットワークや仕組みを少し知識として入れておくと理解が深まります。
果たしてどちらのほうが良いでしょう。また昔ながらの不動産屋さんの強みとは何でしょうか。

そんな中、昔ながらの不動産屋さんを勧める意見を頂戴しました。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラから

古い建物

古くからある地元の不動産屋さんが良いです

ネットで部屋探しもできる時代ですが・・・あまりお薦めはしません。

どちらかと言えば、やっぱり、住もうと思っている地域で、昔から営業を続けている不動産屋さんで相談するのが良いと思います。こういうところは、そこの人達も、その町に住んでいたりしますから、情報の「濃さ」が違います。

特に、旦那さんではなく奥さん、いわゆる「不動産屋のおばちゃん」に相談できると、話が全く違ってきます。

買い物ひとつ取ってみても、「ここにスーパーありますから、買い物はできます」というレベルと、「こっちの店は高いからダメ!自転車買ってこの店まで行きなさいよ!」というレベルで情報を貰えるのでは、その後の生活が全然、違ってきます。

こういうおばちゃんは、さらに「自転車買うなら、ここ。この店ね」タダで配達してくれる様に、私が電話しとくから。とか、人脈をフルに活用して便宜を計ってくれます。

商売と言うよりは、「新しく引っ越してくる人の役に立つ」事が嬉しいと言う感じなのでしょう。

さらに、自分自身が買い物をして、子供を育てている経験者です。「こっちの小学校は、ここで大きい通りを渡るからねぇ・・・。このアパートだと、歩道橋も遠いし、どうせなら、こっちの物件がいいと思うね」など、男性からは出ない発想で話をしてくれます。

また、「中学校はちょっと遠いけど、中学生なら歩ける距離だよ。小学校が遠いのは大変だけどね」とか言われると、男性である私などは、深く納得してしまいます。

その後、いろいろと相談する事を考えても、やはりこういったタイプの不動産屋さんを探すのが良いと思います。

地元の不動産の強みとは?

お部屋探しの大前提として、多くの人が勘違いしていることがあります。
それは「地元の不動産店舗の方がその場所の部屋が多い」ということです。

不動産会社が扱うお部屋はすべてネットワークでつながっていますので、どの店舗で探してもらっても出てくるお部屋は同じです。極端な話、東京の不動産屋さんが北海道のお部屋の状況を調べることも可能です。つまり、どこで探しても同じ、ということです。

では、昔ながらの地元不動産の強みは何かというと・・・

  • 地元の不動産のほうが、その場所の土地勘がある
  • まれに、その不動産屋でしか扱っていないお部屋がある

ということです。

寄せられたご意見のように、(良い意味で)世話焼きな方もいて、いろいろその土地の情報を教えてくれる場合もあります。全く知らない土地であれば耳寄りな情報でしょう。また、本当にまれにですが、その不動産会社にしか扱っていないお部屋があります。レアなお部屋を探したい場合は、そこに望みをかけるのも良いかと思います。

 

では、お部屋を探すときはその土地で長く運営している昔ながらの不動産屋が良いのか?というと、
答えは「No」です。断言します。

まず気になるのが、世話を焼いてくれる人の話を聞かないといけないような状況・・これは相当ヤバいです。学校の位置関係を調べることなんてインターネット一つで出来ます。

当サイトで再三伝えている、お部屋探しの大前提「第一に、住むエリアを決める」ということができていない状態です。エリアが絞られていないからこそ、その街の情報を調べようとしていないわけです。もし、子供がいて引越しを考えているようなら、学校に歩くのが大変な距離かどうかは一番始めに調べることです。地元の不動産屋のおばちゃんに言われて「役に立つな~」なんて思うレベルだとダメです。

厳しい言葉をかけるようですが、この考え方でお部屋探しに挑むと必ず失敗します。

さらに、その地元の不動産にしか扱っていないお部屋。
それだけを期待してしまうと、ガッカリすることが多いはずです。

普通のお部屋なら、一般に公開されています。例えば、新築のお部屋がその一つの不動産屋しか扱えないとするなら、大家さんは大損害になりかねません。詳しいことは割愛しますが、なぜ他の不動産屋に出していないのか?普通に考えればわかると思います。

 

古く運営している年配の不動産屋さんにもデメリットがあります。
それは「融通が利かないことがある」ということです。

例えば、水商売。
水商売と聞くとキャバクラや風俗ばかりをイメージされますが、最近では、女性従業員だけのガールズバーなどもあります。(ガールズバーは飲食店扱いだ・・という不毛な議論はここではしません)

年配の方の中には、昔ながらの考え方の人もいて、「夜の商売なんてダメだ」「親御さんが保証人になってくれないなんて危ない子だ」という見方をされることもあります。

今の若い年代の人たちは、連帯保証人として親御さんを付ける感覚がほとんどなく、賃貸入居時には連帯保証人じゃなく保証会社を使う人も多くなっています。また、夜の仕事といっても居酒屋くらいの感覚でガールズバーで働く子も多いのです。

そこに理解を示してもらえないと、どれだけいいお部屋を見つけてもNGです。

 

結論、若い人が働く不動産屋でも昔ながらの不動産屋でも、どちらでも良いということです。
地元の不動産屋でも少し離れた不動産屋でも扱っている情報は同じわけですし、新しい不動産屋と古い不動産屋の違いなんてたいしてありません。

その土地の情報を仕入れるのは自分自身でやるべきことです。
安いスーパーなんて自分で探すべきですし、お店の情報は自分で調べるから楽しい部分もあります。仮に、おばちゃんに頼って、教えてもらったお店とは違うお店に行きたい場合、非常に行きづらくもなります。

大切なのは「良いお部屋に住むこと」です。
そのため、不動産屋に期待する部分というのは、

  • 提示した条件に合った、良いお部屋を紹介してくれる(出してくれる)
  • そのお部屋についての情報を明示してくれる
  • 申込みやトラブル時に対応してくれる

ということです。
その土地の情報を教えてもらうことじゃないです。

不動産の会社というより、営業担当についてくれた人の能力や対応を重視したほうが良いお部屋が見つかります。インターネット環境もない、情報を収集する能力もない、というなら昔ながらの不動産屋に飛び込んでいろいろな話を聞くのもアリですね。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラへお寄せください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 家賃交渉、家賃を下げるポイント|賃貸

    少しでも賃料を下げたい、安い家賃で入居したいというのは誰しも思います。 そんな家賃を下げるためのポ…

おすすめ記事

  1. 東京都内や大阪市など大きな都市に女性が一人で住むときには、周辺環境に注意することが必要です。一般的に…
  2. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  3. お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…
  4. 最近の賃貸探しで内覧に行くと、モデルルームのようにサンプル家具が配置されている場合があります。これは…
  5. お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。 学生さんやその親御さ…
  6. 賃貸案内をしてくれる不動産営業マンは男性と女性のどちらが担当してくれるかわかりません。賃貸案内で働く…
  7. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  8. 賃貸を探すとき、引越しをするとき、少しでも初期費用を抑えたいと思うのは誰しもが理解できるところです。…
  9. 不動産会社で働くということを聞けば、 「高年収」というワードが連想されます。 果たしてその実態は!…
  10. 誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析