好条件・好立地のお部屋に住みたいなら公営住宅を狙うという選択もある

引越しを考えているなら、公営住宅に住むという選択肢は入れておいた方がいいです。公営住宅なら、好条件や好立地のお部屋がボロボロ見つかる場合があります。

入居条件や空き状況に多少難ありですが、狙う価値は十分にあるでしょう。
今回は、公営住宅に関するご意見を頂きましたのでご紹介します。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラから

ストップ 

部屋探しは公営住宅という選択も・・

事情があり、すぐに部屋を借りなければならなくなった時に、家具つきや、保証人や敷金、礼金が必要ないという物件はとても便利でもあります。このような物件は、都内には沢山あり、一時的な仮住まいにする人もいれば、ずっと住み続けている人もいるようです。

しかし、このような物件のデメリットとしては、家賃がとても高いということがあります。

ワンルームでも、5万から10万ぐらいの所があり、あまり広くなく、隣の住人もどのような人が住んでいるのか分からないという問題もあります。そのため、騒音などのいろんなトラブルに巻き込まれることもあります。

このような問題点を除けば、条件的には良いものですが、家賃をそれだけ払うのなら、民間でなくて、公営住宅などを借りることも良いかも知れません。ほとんどは、保証人が必要であり、敷金や礼金が必要ですが、中にはそれらの手続きが必要ない代わりに、出て行く時に保証金が返ってこない住宅もあります。

しかし、民間の賃貸に比べると家賃も安く、しかも広い所が沢山ありますので、家族などには向いている住宅でもあります。最近では、家を購入するより、新婚時代からこのような家に住み、貯金をする夫婦も多いようです。

家族向けに造ってある住宅が多いので、子供が産まれても住み続けることも可能ですし、収入に応じて家賃が変動する住宅もあります。収入が少なくて、きちんとした家を借りたいけれど、どうしたら良いかという場合には、このような住宅に申し込んでみてはいかがでしょうか。

公営住宅は狙い目だと考えておく

公営住宅に入るには、ある一定の基準の審査が入ります。その審査がOKなら非常に優良な物件が多いのが公営住宅の特徴です。

公営住宅の審査では、年収・貯蓄額・勤務先・家族構成などは必須項目となっています。空き待ちになってしまうことや、抽選という形をとっている自治体もあります。

賃料も相場より安く、お部屋が広い場合が多いので、検討の余地は十分にあると思います。

もし、公営住宅を希望される場合は、「●●市 公営住宅」「●●区 公営住宅」などとインターネット検索をかけると情報がすぐに手に入ります。このような公営住宅の場合、街中の不動産会社が仲介することができませんので、ご自身で探して申し込みをするということになります。

好条件・好立地を希望するお宝探しのような掘り出し物件を探している場合、普通の不動産会社で探すより、公営住宅を狙った方が確実です。

※ご意見やご感想、お部屋選びのアドバイス等ありましたらコチラへお寄せください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. お部屋探しのポイントまとめ6選

    お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…

おすすめ記事

  1. 引越しで条件の合う部屋を見つけるためには、いくつか条件を絞る必要が出てきます。当初考えていた条件がす…
  2. たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。 ルームシェアって実際どうなの?に関してです。 今…
  3. お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。 学生さんやその親御さ…
  4. 誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…
  5. お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不動産…
  6. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
  7. 新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…
  8. 賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、 高ければ高いだけの物件がほとんどです。 …
  9. お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…
  10. 賃貸案内をしてくれる不動産営業マンは男性と女性のどちらが担当してくれるかわかりません。賃貸案内で働く…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析