部屋を決める場合の見学は何回がベスト?|賃貸

お部屋を決める際に、1回しか見ない人と複数回見る人がいます。
何回行くのが良いのかということについてお話しします。

※お部屋を見る用語として、「内覧」「内見」「見学」などと言われますが、
ここではわかりやすく「見学」に統一して表現します。

069  

部屋の中を見るのは1回、多くて2回がベストです。
部屋の周辺を見るのは、2回がオススメです。 

中を見るというのは、1回の見学で決めても良いでしょう。
どうしても見たいという場合は2回でも良いと思います。

2回目に見学を依頼する目的で多いのは、お部屋サイズの再確認です。

気に入ったお部屋の場合、1回目でサイズは測っていると思いますが、
測り忘れた場合はもう一度見に行くのもアリです。

この場合、同じ不動産会社にした方が良いでしょう。
どうしても「同じ部屋を見に行きたい」というと嫌がられそうですが、
正直にサイズを測りたい旨を伝えると嫌がられません。

「えっ?この部屋に迷いが生じているのかな?」と勘違いさせないためにも、
ハッキリと理由を伝えて大丈夫です。

 

お部屋の周辺を見に行くのは2回がオススメです。

朝の通勤時間帯と、夜の帰宅時間をチェックしておくと良いでしょう。
特に女性であれば夜の帰宅時間帯の防犯面も気になるところです。

土日に見学に行く人が多いと思いますが、全く初めての土地の場合、
平日は予想以上に混み合う路線だったということもあります。

お部屋の中を見るわけでないのなら、一人でも行けますので、
周辺地域を把握する意味でも、いろいろ歩いてみることをオススメします。

できれば、エリアを決める準備段階で調べておきたいですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. シェアハウスってどうなの?|賃貸

    たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。 ルームシェアって実際どうなの?に関してです。 今…

おすすめ記事

  1. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  2. 最近の賃貸探しで内覧に行くと、モデルルームのようにサンプル家具が配置されている場合があります。これは…
  3. 誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…
  4. たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。 ルームシェアって実際どうなの?に関してです。 今…
  5. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  6. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
  7. お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…
  8. 賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、 高ければ高いだけの物件がほとんどです。 …
  9. お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…
  10. 最近のお部屋探しではインターネットを活用することが当たり前のようになっています。パソコンやスマホから…
WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析