シェアハウスってどうなの?|賃貸

たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。
ルームシェアって実際どうなの?に関してです。

今回のルームシェア内容に関しては、友人同士で暮らすルームシェアじゃなく、
「原則、他人同士のルームシェアとしてのお部屋」を定義とします。

106

シェアハウスのメリット

  • 安い
  • 他の人と交流ができる

圧倒的なメリットとしてルームシェアが人気の理由は、
賃料が安いということでしょう。

その地域の賃料相場の約3~6割くらい安くなると考えてよいです。
例えば賃料相場で3LDKで20万円のお部屋だと8~14万円くらいです。

なぜ安いのか?というと、

単純に、他の人との共同生活になるからです。
賃料を人数で割っている分、安く住めるということです。

また、他の住居者との交流があります。
部屋をシェアしているので当然のことなのですが・・・。

 

シェアハウスのデメリット

  • 他人と半同棲生活
  • 条件によっては疲れる

シェアハウスには、他の人と同じ共同スペースがあります。
浴室やトイレ、キッチンだけでなく、冷蔵庫や洗濯機などの備品も共同です。

冷蔵庫には物に名前を書いていたり、スペースで区切られていることもあります。
このあたりはきっちりと決められている方が、トラブルは少なくなります。

また、異性を部屋に呼べないなどの条件はどこもあるでしょう。
恋人だけじゃなく、友人や親族を呼べないこともあります。

 

最新シェアハウスの現状

近所付き合いというものが見られなくなった時代だけに、
他の人と半強制的に繋がれるシェアハウスは人気が出てきているようです。

自分一人では借りることのできない大きなキッチンが付いている部屋や、
安価で好立地のお部屋に住めるということも人気の秘密です。

昼夜が逆転している仕事などの場合では、周りの人と
生活パターンがあまりにもかけ離れていることで迷惑をかけることもあります。

騒音問題トラブルになりやすいですからね。
ドライヤー、目覚まし、洗濯機の音などもそうです。

禁止事項ルールが決められていることがほとんどですので、
マナーを守りながらその部屋に適合する能力が必要でしょう。

 

喜怒哀楽を分かち合える人が近くにいるということは、
精神的にも充実した生活を送りやすいので、住んでみても良いかもしれません。

最近では、ルームシェア専用の部屋であったり、
物件建物自体がすべてルームシェア専用になっているものもあります。

昔にビジネスホテルとして利用していたものをリフォームして、
個別部屋にして提供しているものもあります。

そう考えれば、プライバシーもしっかりと守られながら生活できるので、
普通の賃貸と変わらなく過ごせる日も近いのではないかと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. お部屋探しの締めは賃料でバランスを調節すること

    お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…

おすすめ記事

  1. 賃貸の部屋探しをする時は、できる限りユニットバスの部屋を避ける人もいます。 お風呂とトイレのス…
  2. 新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…
  3. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
  4. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  5. 最近の賃貸探しで内覧に行くと、モデルルームのようにサンプル家具が配置されている場合があります。これは…
  6. 賃貸を探すとき、引越しをするとき、少しでも初期費用を抑えたいと思うのは誰しもが理解できるところです。…
  7. 最近のお部屋探しではインターネットを活用することが当たり前のようになっています。パソコンやスマホから…
  8. 引越しで条件の合う部屋を見つけるためには、いくつか条件を絞る必要が出てきます。当初考えていた条件がす…
  9. 賃貸の不動産営業で年収以上の給与を稼ぎ出すためには、どのくらいの頑張りが必要なのかを試算してみます。…
  10. 少しでも賃料を下げたい、安い家賃で入居したいというのは誰しも思います。 そんな家賃を下げるためのポ…
WordPressテーマ「Opinion (tcd018)」 
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析