分相応のお部屋を選ばなかった結果・・・

色々な物件を見ていくうちに自分で決めた予算が、
変動してきたり条件の妥協が出てきたりします。

この妥協は良い方向へのものなら問題ないのですが、
無理をし過ぎると後に自分を苦しめる事になる場合もあります。

例えば、間取り図を見て気になる物件があったとします。

予算的に少し無理をしなければ払えない家賃だけど、
見るだけ見てみようと足を運びます。

当然ながら気に入ってしまう確率は非常に高く、
頭を悩ませた結果、希望に満ちて契約してしまいます。

あれを削って、これを止めて…何とか生活出来そうと判断したはずなのに。

実際の生活が始まり、金銭的な余裕がなく、
結局長くは住み続ける事が出来なくなり再び引越しする事になってしまいます。

引越しダンボール

引っ越し費用もバカにならない・・・

再び引っ越すことができれば、まだ幸いです。

ギリギリの状態までになってしまうと、引越しすら厳しくなります。
厳しいお財布事情なのに住み続けなければいけない状態です。

もし、「ちょっとこのままだと金銭的に厳しいな」と感じたら、
早い段階で対応を考えることをオススメします。

  • 一つは、仕事を増やして収入を上げるという選択
  • もう一つは、部屋のダウングレードの引越という選択

どちらにしても経済状況がギリギリの状態では、
次のお部屋探しも条件が厳しくなることが予想できます。

どれだけ安い部屋に引っ越そうとも、
初期費用や引っ越し料金もかかってしまいます。

そういうことからも、分相応のお部屋探しは重要です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 子供を学校へ行かせるときのお部屋選びで失敗しました

    お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。 学生さんやその親御さ…

おすすめ記事

  1. 賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、 高ければ高いだけの物件がほとんどです。 …
  2. お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不動産…
  3. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  4. 賃貸案内をしてくれる不動産営業マンは男性と女性のどちらが担当してくれるかわかりません。賃貸案内で働く…
  5. お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…
  6. お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…
  7. 最近の賃貸探しで内覧に行くと、モデルルームのようにサンプル家具が配置されている場合があります。これは…
  8. たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。 ルームシェアって実際どうなの?に関してです。 今…
  9. 誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…
  10. お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析