賃貸物件は賃料でその差が明確に分かれる

賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、
高ければ高いだけの物件がほとんどです。

安いところでいえば、値段がお手ごろと思って現地にいってみると、
さびた手すりで階段を上るようになっていたり、
見るからに自転車のスペースが密集していて壁がはがれたところもあります。

あるときには、1階にスナックがあって営業しています。

さすがにこの物件を見たとき、
「住めない」と思う人もいるのですが、
気にせず住んでいる人もいます。

人それぞれの心の持ちようしだいということかもしれません。

少し高めの家賃のところへいってみると、
新しいビルでエントランス部も大きめにとってあり、
室内もきれいになっています。

もちろん、誰しもがこちらのほうに住みたいなと思います。

その2つの物件の差額ですが、月に4万円程度です。

4万円で住居環境に大きな差がつくなら、
新しいビルのほうが住みやすいとは思います。

それでもどうしてもお金を節約して貯めていく必要があるとか、
逆にきれいなビルでは居心地がわるくなるようなら、
安いところでも暮らせるかもしれません。

でも、あと1万円、あと2万円なら足して
少しはましな物件に引っ越すのもオススメです。

足せば足すほど、良好な物件に巡りあえる可能性が高まります。

高級賃貸

人間は住居という点で考えると、
人生で多くの割合を占める部分です。

精神衛生上、良いところを選ぶのか、
悪いところを選ぶのかによっても生活に影響が出てきます。

というわけで、
賃貸物件を決めているのは何よりお金にほかなりません。

支払い能力さえあれば、
いくらでも高級マンションに住まうことも可能です。

貧富の差が激しいですが、
それが露骨に表れるのではないかと思います。

明らかに無理して高額な部屋を選ぶ必要は無いですが、
背伸びするくらいで住めるなら検討するのもアリですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. お部屋探しの時期において「夏」はどうなのか?

    お部屋探しをする時期というのは、一般的に3月が一番多いです。これは入学卒業のシーズンとともに、新社会…

おすすめ記事

  1. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
  2. 賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、 高ければ高いだけの物件がほとんどです。 …
  3. お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…
  4. 誰しもが泥棒に入られる経験は避けたいものです。特に女性の一人暮らしであれば、知らない人が勝手に部屋の…
  5. たまに話題となる賃貸の形「ルームシェア」。 ルームシェアって実際どうなの?に関してです。 今…
  6. 新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…
  7. 最近の賃貸探しで内覧に行くと、モデルルームのようにサンプル家具が配置されている場合があります。これは…
  8. お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不動産…
  9. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  10. お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。 学生さんやその親御さ…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る
QLOOKアクセス解析