ワンルーム VS ファミリータイプ|不動産投資の比較

ワンルーム VS ファミリータイプ
不動産投資における対象比較です。

ワンルーム

ワンルームタイプは、そのまま単身者をターゲットにした部屋です。
賃料はファミリータイプに比べて低く、入居と退去のサイクルは早めになります。たまに部屋の大きさが狭ければ、入退去のサイクルが早いと説明する人をみかけますが、決して部屋の大きさと入退去のサイクルの早さは比例していません。ワンルームの入退去におけるサイクルと関係があるのは物件の立地によるものが大きいと言えます。 

一つの例として、東京では主に2年ごとに契約の更新が行われます。その度に更新料(主に賃料の1ヶ月分)が入居者に発生します。そのため、遅くとも入居者はそのタイミングで入退去を検討します。逆に私が大阪で住んでいたワンルームは、8年間同じ部屋に住みました。しかしその間、更新料といったものはありませんでした。(大阪でも更新料が発生する場所や部屋もあります) 

大学のある地域の部屋であれば4年後には退去の可能性があります。2年間で学校のキャンパスが移動する大学近郊であれば2年間と予測しやすいですね。 

このように物件の立地が重要になってきます。
ファミリータイプと比べて単身者向けのワンルームは、退去後に次の入居者が決まるのが早い傾向にあるのもポイントです。 

 

ファミリータイプ

ファミリータイプはワンルームに比べて入居者の居住期間は長くなる傾向があります。これは家族連れ(子供有り)で入居した場合に、引越しによる学区の変更を考慮する人が多いためです。 

都心近郊ではせっかく公立保育所を確保したのに、引越しよる住所地変更によって、再び新しい保育所を探さなければならないといった手間がかかります。(待機児童問題)

また、ファミリータイプはワンルームに比べて賃料が高く賃料収入も大きいものとなります。その反面、高めの賃料が支払える入居者層であれば、自分で物件を購入することもできる客層のため、ある程度資金が貯まれば退去する方も多いのです。 

ファミリータイプを不動産経営する際のポイントは、設定賃料と周辺地域の情報が重要となります。加えて、継続して入居してくれる客層が付くかどうかも見ておきたいところです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 賃貸物件は賃料でその差が明確に分かれる

    賃貸は値段相応なことが多く、安ければ安いだけの物件、 高ければ高いだけの物件がほとんどです。 …

おすすめ記事

  1. 引越しで条件の合う部屋を見つけるためには、いくつか条件を絞る必要が出てきます。当初考えていた条件がす…
  2. 最近の賃貸探しで内覧に行くと、モデルルームのようにサンプル家具が配置されている場合があります。これは…
  3. お部屋探しでは、前もって調べておくことと、実際の内覧時にチェックする項目をあらかじめ考えておくと失敗…
  4. 東京都内や大阪市など大きな都市に女性が一人で住むときには、周辺環境に注意することが必要です。一般的に…
  5. 新しい生活を始める際のお部屋探しにおいて、よく話題に出るのは部屋の条件という部分です。重要なことを見…
  6. 賃貸で気に入ったお部屋が見つかったら、申込みと契約という手順が待っています。そこで賃貸入居の保証人と…
  7. お部屋探しをし始めるとキリがないと嘆く人もいます。賃料が高ければ高いほど選べる部屋が増えるため、上を…
  8. お部屋探しをするとき、昔から地元で不動産屋さんを中心に回るかどうか迷うことがあります。これには不動産…
  9. お部屋探しの賃貸選びでは、地方から東京などの都市に上京するケースもあります。 学生さんやその親御さ…
  10. 不動産営業の中でも街中で良く見かける賃貸営業の年収についてです。賃貸の場合、地域によって年収や報酬体…
脱サラ起業で失敗する人の共通点
ページ上部へ戻る